学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 文学部> ドイツ語圏文化学科  

文学部 ドイツ語圏文化学科

研究者リスト >> 大貫 敦子
 

大貫 敦子

 
アバター
研究者氏名大貫 敦子
 
オオヌキ アツコ
所属学習院大学
部署文学部 ドイツ語圏文化学科
職名教授
学位文学修士, Master of Arts, 文学修士
J-Global ID200901045481108782

研究キーワード

 
文化理論 ,cultural studies

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文学一般 / 
  • 人文・社会 / 中国文学 / 
  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 / 
  • 人文・社会 / 思想史 / 
  • 人文・社会 / ジェンダー / 

経歴

 
1994年
 - 
1995年
:アレクサンダー・フォン・フンボルト財団招聘研究員としてベルリン自由大学研究員   
 
1989年
 - 
1994年
:学習院大学文学部助教授   
 
1994年
   
 
-:学習院大学文学部教授   
 
1987年
 - 
1989年
:千葉大学教養部助教授   
 
1986年
 - 
1987年
:放送大学教養学部助教授   
 

委員歴

 
1997年
 - 
2007年
日本ドイツ学会  理事
 
1995年
 - 
2005年
社会思想史学会  常任幹事
 
1999年
 - 
2003年
日本独文学会  理事
 

受賞

 
2004年
Philipp Franz von Siebold-Preis
 

MISC

 
 
大貫 敦子   
姫岡とし子/川越修(編)『ドイツ近現代ジェンダー史入門』青木書店   281-2892009年   
 
大貫 敦子   
野家啓一(編)『哲学の歴史 危機の時代の哲学』中央公論新社   560-5872008年   
 
大貫 敦子   
『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究』 研究成果報告書   2006年   
 
大貫 敦子   
社会思想史学会年報『社会思想史研究』   (第28号) 2004年   
 
学習院大学文学部研究年報   (49) 171-1902003年   

書籍等出版物

 
 
 
iudicium Verlag      2003年      
 
転換期のフィロソフィー(共著)、ミネルヴァ書房      1999年      
 
法政大学出版局      1997年      
 

講演・口頭発表等

 
 
Europaischer Expressionismus und seine japanische Akkulturation
Europaisches Forum Alpbach 2004   2004年   
 
Europäischer Expressionismus und seine japanische Akkulturation
Europäisches Forum Alpbach 2004   2004年   
 
Europäischer Expressionismus und seine japanische Akkulturation
Europäisches Forum Alpbach 2004   2004年   

所属学協会

 
 
   
 
ドイツ語学・文学国際学会(Internationale Vereinigung der Germanistik)
 
   
 
(Gesellschaft Fur interkulturelle Germanistik)
 
   
 
Society of Intercultural Philosophy
 
   
 
GIG (Gesellschaft für interkulturelle Germanistik)
 
   
 
IVG (Internationale Vereinigung der Germanistik)