学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 理学部 

理学部

研究者リスト >> 柳 茂
 

柳 茂

 
アバター
研究者氏名柳 茂
 
 
URLhttp://www.ls.toyaku.ac.jp/Life-Science/lmb-8/
所属学習院大学
部署理学部 生命科学科
職名教授
学位博士(医学)(神戸大学)
その他の所属東京薬科大学
科研費研究者番号60252003
J-Global ID200901017245867806

プロフィール

前神戸大学教授の山村博平先生のご指導の下、チロシンキナーゼSykの研究に従事しました。その後、黒崎知博先生の下で、免疫系のシグナル伝達について解析を行いました。独立してより、神経発生、神経変性疾患、精神疾患の分子メカニズムと遺伝子治療について解析をしています。最近ではミトコンドリアユビキチンリガーゼMITOLの研究を精力的に行っています。

研究キーワード

 
MITOL ,ユビキチン化 ,ユビキチンリガーゼ ,ミトコンドリア ,小胞体ストレス ,シグナル伝達 ,活性酸素種 ,脳神経 ,CRAG ,CAMDI ,CRAM ,Syk ,ポリグルタミン病 ,GTPase活性 ,GTP結合蛋白質 ,脳神経疾患 ,CD45 ,p72syk ,Lyn ,チロシンキナ-ゼ ,セマフォリン ,Axon Pruning ,Filopodia ,血小板 ,PI 3 kinase ,蛋白質 ,細胞増殖 ,細胞移動 ,インタ-ロイキン2 ,チロシンホスファタ-ゼ ,血管内皮細胞 ,包括脳ネットワーク ,統合脳・統合脳

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

経歴

 
2020年
 - 
現在
学習院大学 理学部 生命科学科 教授 
 
2020年
 - 
現在
東京薬科大学  名誉教授 
 
2005年
 - 
2020年
東京薬科大学 生命科学部  教授 
 
2002年
 - 
2006年
科学技術振興事業団 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究21  研究員(併任) 
 
2001年
 - 
2005年
神戸大学大学院 医学系研究科  助教授 
 

受賞

 
2004年
日本生化学会 奨励賞
柳 茂 
 

論文

 
 
Mikihiro Mitsubori   Keisuke Takeda   Shun Nagashima   Satoshi Ishido   Masaaki Matsuoka   Ryoko Inatome   Shigeru Yanagi   
Biochemical and Biophysical Research Communications   549 67-74   2021年4月   [査読有り]
Amyloid-β (Aβ) plaques are strongly associated with the development of Alzheimer's disease (AD). However, it remains unclear how morphological differences in Aβ plaques determine the pathogenesis of Aβ. Here, we categorized Aβ plaques into four ty...
 
Shun Nagashima   Naoki Ito   Reiki Kobayashi   Isshin Shiiba   Hiroki Shimura   Toshifumi Fukuda   Hideo Hagihara   Tsuyoshi Miyakawa   Ryoko Inatome   Shigeru Yanagi   
The Journal of Biological Chemistry   100620-100620   2021年3月   [査読有り]
Mouse models of various neuropsychiatric disorders, such as schizophrenia, often display an immature dentate gyrus, characterized by increased numbers of immature neurons and neuronal progenitors and a dearth of mature neurons. We previously demon...
 
Keisuke Takeda   Aoi Uda   Mikihiro Mitsubori   Shun Nagashima   Hiroko Iwasaki   Naoki Ito   Isshin Shiiba   Satoshi Ishido   Masaaki Matsuoka   Ryoko Inatome   Shigeru Yanagi   
Communications Biology   4(1) 192-192   2021年2月   [査読有り]
Mitochondrial pathophysiology is implicated in the development of Alzheimer's disease (AD). An integrative database of gene dysregulation suggests that the mitochondrial ubiquitin ligase MITOL/MARCH5, a fine-tuner of mitochondrial dynamics and fun...
 
Isshin Shiiba   Keisuke Takeda   Shun Nagashima   Naoki Ito   Takeshi Tokuyama   Shun-Ichi Yamashita   Tomotake Kanki   Toru Komatsu   Yasuteru Urano   Yuuta Fujikawa   Ryoko Inatome   Shigeru Yanagi   
EMBO Reports   22(3) e49097   2021年2月   [査読有り]
Parkin promotes cell survival by removing damaged mitochondria via mitophagy. However, although some studies have suggested that Parkin induces cell death, the regulatory mechanism underlying the dual role of Parkin remains unknown. Herein, we rep...
 
Keigo Matsuno   Shun Nagashima   Isshin Shiiba   Keito Taniwaka   Keisuke Takeda   Takeshi Tokuyama   Naoki Ito   Nobuko Matsushita   Toshifumi Fukuda   Satoshi Ishido   Ryoko Inatome   Shigeru Yanagi   
Journal of biochemistry   168(3) 305-312   2020年4月   [査読有り]
In mitochondrial disorders, short stature and growth failure are common symptoms, but their underlying mechanism remains unknown. In this study, we examined the cause of growth failure of mice induced by nestin promoter-driven knockout of the mito...

MISC

 
 
伊藤 直樹   椎葉 一心   三ツ堀 樹大   柳 茂   
基礎老化研究   45(1) 15-23   2021年1月
ミトコンドリアはエネルギー産生のみならず、カルシウム濃度の調節、細胞死制御、代謝制御、免疫応答、熱産生など多彩な役割を担っている。これらのミトコンドリアの重要な生理機能はそのダイナミックな挙動や形態変化と連動していることから、近年、ミトコンドリアダイナミクス制御が活発に研究されている。特にミトコンドンリアと小胞体は近接することによって、物質交換のみならず様々なシグナル伝達の足場として機能することが明らかとなり、オルガネラ間の調節機構の重要性が注目されている。また、ミトコンドリアダイナミクス...
 
椎葉 一心   柳 茂   
遺伝子医学MOOK   (35) 204-209   2020年5月
ミトコンドリアから見た疾患の分子病態像は,研究の進展に伴い複雑な様相を呈している。ミトコンドリアダイナミクスの破綻,品質管理の破綻など様々な要因が考えられるため,創薬ターゲットを絞り込むのは困難である。われわれはミトコンドリア外膜上に存在するE3ユビキチンリガーゼMITOL(mitochondrial ubiquitin ligase,別名MARCH5)を同定し,これまでにMITOLがミトコンドリアダイナミクスの制御やミトコンドリア品質管理を行う重要な調節因子であることを報告してきた。本稿...
 
椎葉一心   椎葉一心   武田啓佑   武田啓佑   柳茂   柳茂   
日本生化学会大会(Web)   93rd    2020年
 
武田 啓佑   柳 茂   
BIO Clinica   32(8) 782-787   2017年8月   
 
長島 駿   高田 拓弥   柳 茂   
日本薬理学雑誌   149(6) 254-259   2017年6月   
ミトコンドリアの機能は、融合と分裂による形態変化、微小管上でのミトコンドリアの移動、小胞体など他のオルガネラとの相互作用などミトコンドリアダイナミクスによって制御されている。ミトコンドリア外膜に局在する膜型ユビキチンリガーゼMITOL(別名:MARCH5)は、ミトコンドリアの分裂因子であるDrp1とそのレセプターであるMiD49を基質にしてミトコンドリアの形態を制御していることやミトコンドリアの融合因子であるmitofusin-2を基質にしてミトコンドリアと小胞体の接着(MAM)の形成を誘...

書籍等出版物

 
 
 
 
多賀谷, 光男, 柳, 茂
東京化学同人   2010年11月   (ISBN:9784807912889)

所属学協会

 
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本細胞生物学会
 
   
 
日本ミトコンドリア学会
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
日本分子生物学会