学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 

文学部 哲学科

研究者リスト >> 吉田 紀子
 

吉田 紀子

 
アバター
研究者氏名吉田 紀子
 
ヨシダ ノリコ
所属学習院大学
部署文学部 哲学科
職名教授
学位美術史学博士(パリ第十大学), 文学修士(学習院大学)

研究キーワード

 
西洋近代美術史・デザイン史 , 広告芸術論

研究分野

 
  • 哲学 / 美学・美術史 / 

経歴

 
2018年4月
   
 
学習院大学 文学部哲学科 教授
 
2017年4月
 - 
2018年3月
 学習院大学文学部 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
 中央大学大学院文学研究科 兼担講師
 
2014年4月
 - 
2018年3月
 中央大学総合政策学部 教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
 学習院大学文学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2003年
パリ第十大学大学院 美術史学研究科 美術史学専攻
 
 
 - 
1998年
パリ第十大学 美術史学専攻DEA課程 
 

委員歴

 
2005年
   
 
日仏美術学会  実行委員
 

受賞

 
2004年
第3回竹尾賞:デザイン史研究論文賞佳作
 

論文

 
醜いヌーディスム:1930年代フランス、現代芸術家連盟批判に見る伝統主義とその背景
吉田紀子
意匠学会会誌 デザイン理論   (56) 73-87   2011年7月
広告芸術論―ギュスターヴ・カーン著『街頭の美学』(1901年)と同時代の社会文化的状況
吉田紀子
日仏美術学会会報   (27) 3-21   2008年5月
ポスター美術館の誕生:現代フランスのポスター受容と文化政策
吉田紀子
人文   (3) 73-90   2005年3月
ロジェ・マルクス:一九世紀末フランスにおけるポスター愛好現象と批評
吉田紀子
第三回竹尾賞デザイン史研究論文:受賞作品集   73-93   2004年4月
二〇世紀初期フランスのポスターをめぐる広告業と現代芸術家連盟
吉田紀子
美術史   (155) 174-187   2003年10月

Misc

 
ミュシャはポスターの巨匠であったのか?―パリ世紀末の広告芸術受容
吉田紀子
日仏文化   (87) 96-106   2018年3月
シェレとスーラ―≪サーカス≫(1890~1891年)に見る広告イメージの再解釈
吉田紀子
仏語仏文学研究   (47) 77-103   2015年2月
19世紀オスマン化時代のパリ:都市と社会の変貌
フランシス・デミエ
日仏文化   (76) 97-105   2009年3月
近代ヨーロッパのポスター
吉田紀子
「アジアとヨーロッパの肖像」展図録   p.185   2008年9月
Rapport sur la these de Virginie Vignon "Jules Cheret, createur d'une industrie publicitaire (1866-1932)"
Noriko Yoshida
Soutenance de la these      2007年12月

書籍等出版物

 
西洋近代の都市と芸術3 パリⅡ―近代の相克
竹林舎   2015年12月   
L'Art social de la Revolution a la Grande Guerre. Anthologie de textes sources
Institut national d'histoire d'art (Paris)   2014年10月   
スーラとシェレ:画家、サーカス、ポスター
三元社   2013年7月   
Belle Epoque de Jules Cheret, de l'affiche au decor
Les Arts Decoratifs, Bibliotheque nationale de France   2010年6月   
Regards de critiques d'art: Autour de Roger Marx (1859-1913)
Presses universitaires de Rennes, Institut national d'histoire de l'art (Paris)   2008年12月   

講演・口頭発表等

 
ジェームズ・ティソ試論:≪パリの女≫シリーズ(1883~1885年)と同時代のイメージ文化 [招待有り]
吉田 紀子
学習院大学哲学会2018年度講演会   2018年7月7日   
ロジェ・マルクスとポスター 装飾芸術から社会芸術へ
国際シンポジウム「美術批評家ロジェ・マルクス(1859~1913年)とその周辺」   2017年   
ミュシャはポスターの巨匠であったのか?-パリ世紀末の広告芸術受容
日仏美術学会シンポジウム「パリのミュシャ」   2017年   
Coordinatrice et Repondante dans la session "Utiliser le passe"
14e Ecole internationale de printemps, organisee par le Reseau international pour la formation a la recherche en histoire de l'art   2016年   
都市の装飾としてのポスター:シェレ、ロートレック、ミュシャ
宮城県美術館 美術館講座「世紀末フランス 装飾芸術の諸相」   2014年   

所属学協会

 
美術史学会 , 日仏美術学会 , 意匠学会 , エクリチュールおよびイメージ研究センター , 国際美術史コンソーシアム , 文化資源学会 , 日本アートマネジメント学会 , ジャポニスム学会

Works

 
ジェームズ・ティソと同時代のイメージ文化:≪パリの女≫シリーズに見る類型的表現
2015年4月
ジェームズ・ティソの合成作画法―ルーヴル美術館訪問シリーズ(1883~1885年)を中心に―
2015年4月
19-20世紀フランスのイメージ研究:複数性、複製可能性、大量生産性
2012年4月
アクティヴ・トランスポジション―1880~1890年代フランス絵画と広告の領域横断に関する研究―
2011年4月
広告芸術論―1980年代フランスの広告美術館成立に関する理念的・制度的研究―
2010年4月

競争的資金等の研究課題

 
ジェームズ・ティソ研究
研究期間: 2014年   
絵画とポピュラー・イメージの領域横断:ジュール・シェレとジョルジュ・スーラ
研究期間: 2008年   
両大戦間期フランスの広告ポスターと批評
研究期間: 2001年   
ジュール・シェレのポスターと同時代の装飾芸術・産業芸術
研究期間: 1997年   
ロジェ・マルクス研究
研究期間: 1997年   
トップページ > 文学部> 哲学科