学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 法学部> 政治学科 

法学部 政治学科

研究者リスト >> 阪口 功
 

阪口 功

 
アバター
研究者氏名阪口 功
 
サカグチ イサオ
URLhttp://www.gakushuin.ac.jp/univ/law/introduce/pol/sakaguchi.html
所属学習院大学
部署法学部 政治学科
職名教授
学位博士(学術)(東京大学)
J-Global ID200901088010157369

研究キーワード

 
熱帯雨林 ,環境外交 ,ラムサール条約 ,国際捕鯨委員会 ,ワシントン条約 ,生物多様性 ,国際漁業 ,有効性 ,国際レジーム ,国際制度 ,プライベートレジーム ,NGO ,地球環境ガバナンス

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際関係論 / 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
学習院大学 法学部 教授 
 
2006年4月
 - 
現在
-:学習院大学法学部教授   
 
2016年9月
 - 
2018年3月
Middlebury Institute of International Studies at Monterey Center for the Blue Economy Visiting Scholar 
 
2005年
 - 
2006年
:学習院大学法学部助教授   
 
2001年
 - 
2004年
:日本学術振興会特別研究員(PD)   
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻博士課程
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京大学 総合文化研究科 国際関係論専攻修士課程
 
1990年4月
 - 
1994年3月
筑波大学 国際関係学類 
 

論文

 
 
J. S. Barkin   Elizabeth R. DeSombre   Atsushi Ishii   Isao Sakaguchi   
Marine Policy   94 256-263   2018年8月   [査読有り]
Many international commercial fish stocks are threatened with depletion
in some cases they are already badly depleted. Through Regional Fisheries Management Organizations (RFMOs), member countries are committed in principle to sustainable and sci...
 
阪口 功   
学習院大学法学会雑誌   49(2) 197-231, 201   2014年   
 
Isao Sakaguchi   
Journal of Environmental Studies and Sciences   3(2) 194-208   2013年   [査読有り][招待有り]
The International Whaling Commission (IWC) was originally established as a regime to manage whaling under the norm of conservation for use. However, over time it was transformed into a regime to prohibit whaling, largely due to the anti-whaling ca...
 
阪口 功   
国際政治   (166) 26-41   2011年   [査読有り]
 
阪口 功   
現代史研究   (6) 127-146   2008年   

書籍等出版物

 
 
阪口 功(担当:共著, 範囲:「国際海洋秩序の構築と日本の水産外交」(181-249頁)、「ワシントン条約と魚」(251-273頁)、「あとがき」(275-283頁))
慶応義塾大学出版会   2019年      
 
阪口 功(担当:共著, 範囲:Sustainability, Certification Programs, and the Legacy of the Tokyo 2020 Olympics, pp.277-292)
OECD   2018年      
 
阪口 功(担当:共著, 範囲:「地球環境ガバナンスの理論と実際」141-162頁)
岩波書店   2015年      
 
阪口 功(担当:共著, 範囲:「市民社会:プライベート・ソーシャル・レジームにおけるNGOと企業の協働」169-193頁)
有斐閣   2013年      
 
Isao Sakaguchi(担当:共著, 範囲:The Resilience of CITES Regime and Diffused Normative Community, pp.131-149)
Palgrave   2013年      

講演・口頭発表等

 
 
IWCレジームの発展・変容における活動家型NGOの役割:規範とパワーの相互作用
日本国際政治学会2004年度大会   2004年   

所属学協会

 
 
   
 
International Studies Association
 
   
 
環境経済政策学会
 
   
 
日本国際政治学会
 
   
 
日本湿地学会