学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 法学部> 政治学科 

法学部 政治学科

研究者リスト >> 阪口 功
 

阪口 功

 
アバター
研究者氏名阪口 功
 
サカグチ イサオ
URLhttp://www.gakushuin.ac.jp/univ/law/introduce/pol/sakaguchi.html
所属学習院大学
部署法学部 政治学科
職名教授
学位博士(学術)(東京大学)

研究キーワード

 
熱帯雨林 , 環境外交 , ラムサール条約 , 国際捕鯨委員会 , ワシントン条約 , 生物多様性 , 国際漁業 , 有効性 , 国際レジーム , 国際制度 , プライベートレジーム , NGO , 地球環境ガバナンス

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際関係論 / 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
学習院大学 法学部 教授
 
2006年4月
 - 
現在
-:学習院大学法学部教授
 
2016年9月
 - 
2018年3月
Middlebury Institute of International Studies at Monterey Center for the Blue Economy Visiting Scholar
 
2005年
 - 
2006年
:学習院大学法学部助教授
 
2001年
 - 
2004年
:日本学術振興会特別研究員(PD)
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
東京大学 総合文化研究科 
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京大学 総合文化研究科 
 
1990年4月
 - 
1994年3月
筑波大学 国際関係学類 
 

論文

 
阪口 功
Marine Policy   94 256-263   2018年8月   [査読有り]
阪口 功
学習院大学法学会雑誌   49(2) 197-231, 201   2014年
阪口 功
Journal of Environmental Studies and Sciences   3(2) 194-208   2013年   [査読有り][招待有り]
阪口 功
国際政治   (166) 26-41   2011年   [査読有り]
阪口 功
現代史研究   (6) 127-146   2008年

書籍等出版物

 
阪口 功 (担当:共著, 範囲:「国際海洋秩序の構築と日本の水産外交」(181-249頁)、「ワシントン条約と魚」(251-273頁)、「あとがき」(275-283頁))
慶応義塾大学出版会   2019年   
阪口 功 (担当:共著, 範囲:Sustainability, Certification Programs, and the Legacy of the Tokyo 2020 Olympics, pp.277-292)
OECD   2018年   
阪口 功 (担当:共著, 範囲:「地球環境ガバナンスの理論と実際」141-162頁)
岩波書店   2015年   
阪口 功 (担当:共著, 範囲:「市民社会:プライベート・ソーシャル・レジームにおけるNGOと企業の協働」169-193頁)
有斐閣   2013年   
Isao Sakaguchi (担当:共著, 範囲:The Resilience of CITES Regime and Diffused Normative Community, pp.131-149)
Palgrave   2013年   

講演・口頭発表等

 

所属学協会

 
International Studies Association , 環境経済政策学会 , 日本国際政治学会 , 日本湿地学会