学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 経済学部> 経営学科 

経済学部 経営学科

研究者リスト >> 遠藤 久夫
 

遠藤 久夫

 
アバター
研究者氏名遠藤 久夫
 
エンドウ ヒサオ
URL
所属学習院大学
部署経済学部 経営学科
職名教授
学位修士(経営学)(慶應義塾大学), 経済学士(横浜国立大学)
J-Global ID200901013652720164

研究キーワード

 
医療機器産業 ,製薬産業 ,診療報酬 ,医療保険 ,社会保障 ,介護保険 ,医療政策 ,医療経済学 ,Health Insurance ,Hospital Administration ,Health Economics

研究分野

 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 

経歴

 
2004年
   
 
-:京都大学大学院医学研究科非常勤講師   
 
1995年
 - 
1997年
:東海大学政治経済学部助教授   
 
1997年
   
 
-:学習院大学教授   
 
 
   
 
Gakushuin University Faculty of Economics, Department of Management  Professor,Director of Department of Student Affairs 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
一橋大学 商学研究科 
 
 
 - 
1988年
一橋大学  
 
 
 - 
1984年
慶應義塾大学 経営管理研究科 
 
 
 - 
1984年
慶應義塾大学  
 
 
 - 
1980年
横浜国立大学 経済学部 経済学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
2014年11月
「臨床研究に係る制度の在り方に関する検討会」座長 厚生労働省 2014/04-2014/11
 
2014年9月
   
 
「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」座長(厚生労働省)2014/09-
 
2012年4月
 - 
2014年7月
2012/04-2014/07
 
2014年7月
   
 
「医療介護総合確保促進会議」委員(厚生労働省) 2014/07-
 
2014年6月
   
 
「社会保障制度改革推進会議」委員 内閣 2014/06-
 

受賞

 
2008年
第4回医療経済研究年間優秀賞(平成19年度に『医療経済研究』掲載の最も優秀な投稿論文(研究ノートを除く)に対する授賞) 対象研究:「介護保険の利用実態と介護サービスの公平性に関する研究(山田篤裕氏と共著)
 

MISC

 
 
遠藤 久夫   
慶應経営論集   31(1) 37-552014年   
 
遠藤 久夫   
日本医事新報   (4703) 12014年   
 
遠藤 久夫   
医療と社会   24(2) 2014年   
 
遠藤 久夫   
日本内科学会雑誌   103(12) 2014年   
 
遠藤 久夫   
社会保険旬報   (No.2518) 12-172013年   

書籍等出版物

 
 
東京大学出版会      2010年   (ISBN:9784130541336)   
 
中山書店      2009年   (ISBN:9784521737751)   
 
勁草書房      2007年   (ISBN:9784326748365)   
 
勁草書房      2006年   (ISBN:4326748311)   
 
勁草書房      2006年   (ISBN:4326748338)   

講演・口頭発表等

 
 
「新薬創出加算に関する報告」に対する指定討論者
医療経済学会第9回研究大会(東京大学)   2014年   
 
「財政の実証分析」セッションにおける指定討論者
日本経済学会 2014年度秋季大会   2014年   
 
社会保障・税一体改革を踏まえた医療保険制度と医療提供体制
医療経営学研究会(福岡)   2013年   
 
医療介護の政策提言と学会:特別講演
第51回日本医療・病院管理学会学術総会   2013年   
 
一般病床の機能分化とこれからの方向性
平成25年度全国労災病院長会議   2013年   

所属学協会

 
 
   
 
日本医療・病院管理学会
 
   
 
日本経済学会
 
   
 
組織学会
 
   
 
医療経済学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2004年 - 2005年
 
研究期間: 2002年 - 2005年
 
研究期間: 2001年 - 2004年
 
研究期間: 2003年 - 2003年