学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 文学部> ドイツ語圏文化学科  

文学部 ドイツ語圏文化学科

研究者リスト >> 小林 和貴子
 

小林 和貴子

 
アバター
研究者氏名小林 和貴子
 
コバヤシ ワキコ
所属学習院大学
部署文学部 ドイツ語圏文化学科
職名准教授
学位修士(文学)(慶應義塾大学), 博士(文学)(ハンブルク大学)
科研費研究者番号00613358

研究キーワード

 
オーディオドラマ , ドイツ文学 , 映画 , 音声 , 放送

研究分野

 
  • 文学 / ヨーロッパ文学 / 近現代ドイツ文学

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
学習院大学 文学部 ドイツ語圏文化学科 准教授
 
2010年4月
 - 
2011年9月
慶應義塾大学 経済学部 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2011年9月
慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2011年3月
獨協大学 外国語学部 ドイツ語学科 非常勤講師
 
2008年9月
 - 
2011年3月
早稲田大学 オープン教育センター 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2011年3月
城西大学 非常勤講師
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
慶應義塾大学 文学研究科 独文学専攻 博士課程
 
2004年10月
 - 
2007年9月
ハンブルク大学 言語・文学・メディア研究科 博士課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
慶應義塾大学 文学研究科 独文学専攻 修士課程
 

受賞

 
2012年5月
ドイツ語学文学振興会 第52回ドイツ語学文学振興会奨励賞
 

論文

 
イルゼ・アイヒンガーの初期の日記(1938年~45年)
小林 和貴子
『学習院大学ドイツ文学会研究論集』   (22) 1-35   2018年3月   [査読有り]
「ユダヤ人迫害の物語」から「迫害の物語」へ――イルゼ・アイヒンガー『より大きな希望』1948年版と1960年版の比較論考
小林 和貴子
『慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学』   (55) 75-108   2018年3月
奪われた生/死を取り戻すための跳躍――イルゼ・アイヒンガー『ボタン』(1953年)を手掛かりに
小林 和貴子
『慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学』   (53) 17-42   2016年3月
声の語りの可能性――イルゼ・アイヒンガー『ボタン』における対話的語りの実践
小林 和貴子
『学習院大学ドイツ文学会研究論集』   (20) 67-92   2016年3月   [査読有り]
Die Sterbensart in Ilse Aichingers Hörspiel "Knöpfe" als medienkritisches Konzept der Holocaust-Erinnerung
Wakiko Kobayashi
Stimmen im Sprachraum. Sterbensarten in der österreichischen Literatur. Hg. v. Martin Kubaczek/Sugi Shindo. Tübingen (Stauffenburg Verlag)   93-103   2015年   [招待有り]
概念としての、真実の音――E. T. A. ホフマン『砂男』における聴覚の世界
小林 和貴子
『学習院大学ドイツ文学会研究論集』   (17) 1-22   2013年3月   [査読有り]
Zur Stimme um 1800. Überlegungen zu "Der goldene Topf" von E. T. A. Hoffmann
Wakiko Kobayashi
The Geibun-Kenkyu. Journal of Arts and Letters   150(2) 81-98   2013年3月
Zu den Anfängen des deutschen Rundfunks: "Zauberei auf dem Sender" von Hans Flesch (SWF 1924)
Wakiko Kobayashi
Ästhetik der Dinge. Diskurse der Gewalt. Hg. v. Hiroko Masumoto u. a. München (iudicium)   150-163   2013年   [査読有り]
Paradigmenwechsel des Hörens. "Fünf Mann Menschen" von Ernst Jandl und Friederike Mayröcker (SWF 1968)
Wakiko Kobayashi
『ドイツ文学』   (142) 166-182   2011年3月   [査読有り]
Medienkritik im Hörspiel der 1950er Jahre
Wakiko Kobayashi
Schauplatz der Verwandlungen. Variationen über Inszenierung und Hybridität. Hg. v. Kazuhiko Tamura u. a. München (iudicium)   48-66   2011年   [査読有り]
1950年代におけるラジオドラマの文学化
小林 和貴子
『研究年報』(慶應義塾大学独文学研究室)   (26) 12-31   2009年3月   [査読有り]
Miterleben durch Belauschen. Versuch einer Analyse des Aufbaus der Inneren Bühne anhand von Erwin Wickerts "Darfst du die Stunde rufen?"(1951)
Wakiko Kobayashi
『研究年報』(慶應義塾大学独文学研究室)   (20) 220-235   2003年3月   [査読有り]

Misc

 
朗読
小林 和貴子
『ドイツ文化 55のキーワード』宮田眞治・畠山寛・濱中春(編)ミネルヴァ書房   160-163   2015年   [依頼有り]
現代ドイツの家族事情
小林 和貴子
『ドイツ・ニュースダイジェスト』   (945) 20-20   2013年1月   [依頼有り]
ドイツ聴覚劇史の構築の試み
小林 和貴子
『学習院大学人文科学研究所報    52-55   2011年3月   [依頼有り]
"Eigentlich bin ich ein Hörspiel- und Kurzgeschichtenmann" - Aus der Korrespondenz zwischen Hildesheimer und Schwitzke
Wakiko Kobayashi
Online-Artikel der Forschungsstelle Geschichte des Rundfunks in Norddeutschland      2009年10月   [依頼有り]
【翻訳】虚構と事実性の狭間におけるメディア化の閾――1900年と2000年の日独に関する比較素描(K・ルートヴィヒ・プファイファー著)
小林 和貴子訳
『メディアシステムの閾』大宮勘一郎(研究代表者)   249-267   2008年3月
【翻訳】1800年の時代転換/2000年のメディア革命――相関と差異(アンドレアス・コイザー著)
小林 和貴子訳
『メディアシステムの閾』大宮勘一郎(研究代表者)   61-78   2008年3月
ドイツ・ラジオドラマ研究資料収集体験記
小林 和貴子
『Echos』30 Jahre DAAD Außenstelle Tokyo(編)   84-85   2008年
Bemerkungen zum programmgeschichtlichen Aspekt des Hörspiels
Wakiko Kobayashi
7. Deutsch-japanisches Stipendiatenseminar. Veröffentlichungsreihen des Japanisch-Deutschen Zentrums Berlin (JDZB)   1(55) 111-117   2006年
【翻訳】絶対的、そして擬人化されたフォルム――1900年頃の前衛とアニメーション映画(ニコラ・グラウヴィッツ著)
小林 和貴子訳
『メディアの前衛 人間学のメディア』和泉雅人(編)   89-118   2005年6月

書籍等出版物

 
【翻訳】より大きな希望(イルゼ・アイヒンガー著)
小林 和貴子訳 (担当:単訳)
東宣出版   2016年12月   
Unterhaltung mit Anspruch. Das Hörspielprogramm des NWDR-Hamburg und NDR in den 1950er Jahren
Wakiko Kobayashi
LIT-Verlag   2009年   

講演・口頭発表等

 
Wohnen und menschliches Leben: Überlegungen zur Stimme in den Hörspielen "Gare maritime" von Ilse Aichinger und "Yamamba" von Terayama Shuji
Wakiko Kobayashi
West-östliche Raumfigurationen: Wohnen - Unterwegssein(学習院大学)   2017年10月7日   
Das Echo der Stimme - Zur Raumkonstruktion in Ilse Aichingers "Die größere Hoffnung"
Wakiko Kobayashi
West-östliche Raumfigurationen(学習院大学)   2016年10月15日   
Entscheidung, Erinnerung, Erzählung als Schöpfungsbedingungen der Zeitgeschichte. Zum Hörspiel "Demiurginnen Duell oder die Bearbeitung der Gegenwart" von Herbert J. Wimmer (ORF 2003) [招待有り]
Wakiko Kobayashi
オーストリア現代文学ゼミナール   2013年11月16日   
Die Sterbensart in Ilse Aichingers Hörspiel "Knöpfe" als ein medienkritisches Konzept der Holocaust-Erinnerung [招待有り]
Wakiko Kobayashi
Sterbensarten der/in der österreichischen Literatur (イルゼ・アイヒンガー・シンポジウム 日本大学文理学部)   2011年11月3日   
Sprich, damit ich existiere: Eine Identitätssuche körperloser Stimmen. "Erich, der Erich" von Lydia Mischkulnig (ORF 1996) [招待有り]
Wakiko Kobayashi
オーストリア現代文学ゼミナール   2010年11月13日   
Die mediale Inszenierung des Zweiten Weltkriegs als Mythos im Hörspiel des NWDR und NDR in den 1950er Jahren
Wakiko Kobayashi
日本独文学会文化ゼミナール   2008年3月25日   
1950年代のラジオドラマ番組史の試み
小林 和貴子
日本独文学会春季研究発表会   2006年6月3日   
1950年代のラジオドラマ番組制作者の教育的意図について
小林 和貴子
藝文研究発表会(慶應義塾大学)   2004年6月23日   

所属学協会

 
日本独文学会 教育部会 , 日本独文学会

競争的資金等の研究課題

 
ドイツ学術交流会 奨学金
研究期間: 2004年10月 - 2007年9月    代表者: 小林 和貴子