学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 

研究者業績

研究者リスト >> 若松 良樹
 

若松 良樹

 
アバター
研究者氏名若松 良樹
 
ワカマツ ヨシキ
所属学習院大学
部署専門職大学院法務研究科 法務研究科(法科大学院)
職名教授
学位博士(京都大学大学院法学研究科)

研究キーワード

 
法哲学

研究分野

 
  • 法学 / 基礎法学 / 

経歴

 
1986年
 - 
1987年
:京都大学法学部文部教官助手
 
1989年
 - 
1994年
:東和大学工学部専任講師
 
1994年
 - 
2001年
:成城大学法学部助教授
 
2001年
 - 
2013年
:成城大学法学部教授
 
2009年
   
 
-:早稲田大学政治経済学部講師
 

委員歴

 
2007年11月
   
 
日本法哲学会  
 
2007年11月
   
 
日本法哲学会  理事
 

論文

 
On the Independence of the Event in the Context of Intergenerational Justice
WINPEC   (E1901) 1-14   2019年4月
集合概念と要素概念
若松 良樹
早稲田政治経済学雑誌   (394) 18-29   2019年1月   [査読有り][招待有り]
所有の意義について――取引費用を手がかりに
若松 良樹
法律時報   (1134) 78-82   2019年1月   [査読有り][招待有り]
生態的合理性の地平から―橋本努氏への応答
若松 良樹
法と哲学   (4) 123-128   2018年7月   [査読有り][招待有り]
Luck Egalitarianism, Relational Egalitarianism, and the Harshness Objection: Experimental Approach
Akira Inoue, Kazumi Shimizu, Daisuke Udagawa, and WAKAMATSU Yoshiki
WINPEC Working Paper Series   (E1720) 1-30   2017年9月
順番が大事
若松 良樹、須賀 晃一
法と哲学   (2) 1-23   2016年5月   [査読有り]
How Broad is the Scope of Sunstein's and Thaler’s Theory?
井上 彰、清水 和巳、宇田川 大輔、若松 良樹
Australian Journal of Legal Philosophy   41 1-14   2016年   [査読有り]
Does Sunstein and Thaler’s Theory Have a Broad Scope?
Akira Inoue, Kazumi Shimizu, Yoshiki Wakamatsu, Daisuke Udagawa
WINPEC Working Paper Series   (No. E1508) 1-22   2015年
独占の何が悪いのか
若松 良樹
学習院法務研究   (8) 1-22   2014年

Misc

 
怪獣大戦争観戦記 ――『法哲学と法哲学の対話』を読んで
若松 良樹
書斎の窓   (653) 36-40   2017年9月   [依頼有り]
肥満の法哲学
若松 良樹
TASC MONTHLY   (482) 14-21   2016年
論争する法哲学「最良のガイドブック:伊藤泰『ゲーム理論と法哲学』」
若松 良樹
法哲学年報2012   145-152   2013年
シンポジウム概要
若松 良樹
法哲学年報2011   92-100   2012年
統一テーマ「功利主義ルネッサンス」について
若松 良樹
法哲学年報2011   1-6   2012年

書籍等出版物

 
ロールズと人生計画
若松 良樹 (担当:分担執筆, 範囲:96-123)
井上彰編『ロールズを読む』ナカニシヤ出版   2018年10月   
ミルにおける自由と効用
若松 良樹 (担当:分担執筆)
若松良樹編『功利主義の逆襲』ナカニシヤ出版   2017年8月   
功利主義の逆襲
若松 良樹 (担当:分担執筆, 範囲:3-20)
若松良樹編『功利主義の逆襲』ナカニシヤ出版   2017年8月   
自由放任主義の乗り越え方
若松 良樹
勁草書房   2016年11月   
犯罪者を薬物で改善してよいか?
若松 良樹 (担当:分担執筆)
瀧川裕英編『問いかける法哲学』法律文化社   2016年9月   

講演・口頭発表等

 
所有の意義についてー財産所有制民主主義論を手がかりに [招待有り]
若松 良樹
日本学術会議第11回基礎法学総合シンポジウム   2018年7月21日   
自己著述者性をめぐって
若松 良樹
東京法哲学研究会   2017年8月25日   
Order Matters: On the Special Status of the Present Generation
若松 良樹
Tht 13the Meeting of the Society fro Social Choice and Welfare   2016年6月29日   
法哲学の明日はどっちだ
東京法哲学研究会12月例会   2015年   
行動経済学はパターナリズムを正当化するか?
現代政治経済研究所セミナー   2015年   

所属学協会

 
日本法哲学会

Works

 
リバタリアン・パターナリズムは堅牢か?-規範理論と実証理論の対話のために-
2014年 - 2015年

競争的資金等の研究課題

 
法学と経済学との関係について。個人の選択の自由をどのように捉えるべきかについて。