学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 文学部> フランス語圏文化学科 

文学部 フランス語圏文化学科

研究者リスト >> 田上 竜也
 

田上 竜也

 
アバター
研究者氏名田上 竜也
 
タガミ タツヤ
所属学習院大学
部署文学部フランス語圏文化学科
職名教授
学位文学博士(パリ12大学)

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
学習院大学教授(文学部)
 
2008年4月
 - 
2014年3月
-:慶應義塾大学教授(商学部)
 
2003年4月
 - 
2008年3月
-:慶應義塾大学助教授(商学部)
 
2000年4月
 - 
2003年3月
-:慶應義塾大学専任講師(商学部)
 

学歴

 
 
 - 
2000年
パリ第12大学  
 
 
 - 
1997年
東京大学 人文社会系研究科 
 
 
 - 
1991年
東京大学 人文科学研究科 
 
 
 - 
1987年
東京大学 文学部 
 

論文

 
Itinéraire de la Science intérieure chez Paul Valéry
田上 竜也
l’université Paris XII      2000年3月   [査読有り]

Misc

 
<声>の詩学―芸術照応の源泉としての
田上 竜也
ヴァレリーにおける詩と芸術   219-234   2018年8月   [依頼有り]
ポール・ヴァレリー『鴨緑江』―あらたな読解の試み
田上 竜也
慶應義塾大学商学部創立五十周年記念日吉論文集   203-213   2007年
ヴァレリーと時間
田上 竜也
慶應義塾大学日吉紀要フランス語フランス文学   (44) 49-65   2007年
Leonrd et apres : l'usage de modeles scientifiques chez Paul Valery
田上 竜也
Intelligence de la complexite, colloque de Cerisy   393-397   2007年
Valery et la limite de l'intuition spatiale
田上 竜也
Paul Valery 12   209-216   2006年

書籍等出版物

 
未完のヴァレリー 草稿と解説 (ポール・ヴァレリー著)
東京 平凡社   2004年   
未完のヴァレリー (ポール・ヴァレリー著) 死すべきものについての試論
東京 平凡社   2004年   
Paul Valery:dialogues orient & occident Tokyo, Universite Hitotsubashi, colloque international(24-27 Sep.1996) vol.2:Etudes Philosophiques Le systeme et l'imaginabilitie
Paris:Lettres modernes minard   1998年   
Paul Valery , Se faire ou se refaire, Lecture genetique d'un cahier Representations de la sensibilite dans le Cahier n゜240
1996年   
ポール・ヴァレリー著『アガート』 『アガート』の結末 (訳・注解・論考)
東京 筑摩書房   1994年   

講演・口頭発表等

 
<声>の詩学―芸術照応の源泉としての
田上 竜也
芸術照応の魅惑Ⅱ―ヴァレリーにおける詩と芸術   2017年12月22日   
Ecriture, imaginaire et metaphore : une lecture du Yalou
CNRS ITEM   2007年   
Valery et la limite de l'intuition spatiale
国際ヴァレリー学会   2002年   
Le systeme et l'imaginabilite
ヴァレリー国際シンポジウム   1996年