学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 理学部> 化学科 

理学部 化学科

研究者リスト >> 糀谷 浩
 

糀谷 浩

 
アバター
研究者氏名糀谷 浩
 
コウジタニ ヒロシ
URL
所属学習院大学
部署理学部 化学科
職名助教
学位博士(理学)(学習院大学), Ph.D(Gakushuin University)
科研費研究者番号60291522
J-Global ID200901050139239240

研究キーワード

 
熱化学 ,超高圧 ,鉱物物理学 ,Thermo Chemistry ,Ultra High-Pressure ,Mineral Physics

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 固体地球科学 / 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
学習院大学 理学部化学科 助教 
 
2001年10月
 - 
2007年3月
学習院大学 理学部化学科 助手 
 
2001年
 - 
2007年
:学習院大学理学部化学科助手   
 
2007年
   
 
-:学習院大学理学部化学科助教   
 
2001年
 - 
2001年
:九州大学大学院比較社会文化研究科助手   
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
日本鉱物科学会  広報委員
 
2018年9月
 - 
現在
日本高圧力学会  評議員 (庶務幹事)
 
2009年9月
 - 
2012年8月
日本高圧力学会  高圧力学会誌の編集委員
 
2009年9月
 - 
2012年8月
The Japan Society of High Pressure Science and Technology  Editor of the Journal "The Review of High Pressure Science and Tachnology"
 

受賞

 
2018年9月
日本鉱物科学会, 日本鉱物科学会賞,熱測定と分光学的手法によるマントル鉱物の熱力学的性質及び結晶構造に関する研究
糀谷 浩 
 

MISC

 
 
Takayuki Ishii   Hiroshi Kojitani   Shoichi Tsukamoto   Kiyoshi Fujino   Daisuke Mori   Yoshiyuki Inaguma   Noriyoshi Tsujino   Takashi Yoshino   Daisuke Yamazaki   Yuji Higo   Kenichi Funakoshi   Masaki Akaogi   
AMERICAN MINERALOGIST   99(8-9) 1788-1797   2014年8月   
We determined phase relations in FeCr2O4 at 12-28 GPa and 800-1600 degrees C using a multi-anvil apparatus. At 12-16 GPa, FeCr2O4 spinel (chromite) first dissociates into two phases: a new Fe2Cr2O5 phase + Cr2O3 with the corundum structure. At 17-...
 
Masaki Akaogi   Yuichi Shirako   Hiroshi Kojitani   Takayuki Nagakari   Hitoshi Yusa   Kazunari Yamaura   
PHYSICS OF THE EARTH AND PLANETARY INTERIORS   228 160-169   2014年3月   
Phase transitions in NaZnF3 and NaMnF3 were examined up to 24 GPa and 1100 degrees C using a multianvil apparatus. NaZnE3 perovskite transforms to postperovskite above 11-16 GPa at 600-1000 degrees C, and the postperovskite is quenchable at ambien...
 
S. Zhai   M. Akaogi   H. Kojitani   W. Xue   E. Ito   
Phys. Earth Planet. Inter.   228 144-149   2014年3月   
 
Yoshiyuki Inaguma   Akihisa Aimi   Yuichi Shirako   Daichi Sakurai   Daisuke Mori   Hiroshi Kojitani   Masaki Akaogi   Masanobu Nakayama   
JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   136(7) 2748-2756   2014年2月   
A polar LiNbO3-type (LN-type) titanate ZnTiO3 has been successfully synthesized using ilmenite-type (IL-type) ZnTiO3 under high pressure and high temperature. The first principles calculation indicates that LN-type ZnTiO3 is a metastable phase obt...
 
J-G Cheng   T. Ishii   H. Kojitani   K. Matsubayashi   A. Matsuo   X. Li   Y. Shirako   J-S Zhou   J. B. Goodenough   C. Q. Jin   M. Akaogi   Y. Uwatoko   
PHYSICAL REVIEW B   88(20) 205114(1-7)   2013年11月   
BaIrO3 adopts the 9R polytype structure if it is synthesized at ambient pressure. High-pressure and high-temperature treatments up to 10 GPa have led to other 5H and 6H polytype phases, which are quenchable to the ambient condition. However, the s...

講演・口頭発表等

 
 
日本地球惑星科学連合2014年大会   2014年   
 
日本鉱物科学会2014年年会   2014年   
 
日本地球惑星科学連合2013年大会   2013年   
 
 

教育業績(担当経験のある科目)

 
 
   
 
地球深部物質の熱量測定と熱力学安定性 (広島大学)
 
   
 
地学実験 (九州大学)
 
   
 
化学演習 (学習院大学)
 
   
 
無機分析化学学生実験 (学習院大学)

所属学協会

 
 
   
 
American Geophysical Union
 
   
 
日本熱測定学会
 
   
 
日本高圧力学会
 
   
 
日本鉱物科学会
 
   
 
The Japan Society of High Pressure Science and Technology