学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 経済学部> 経済学科 

経済学部 経済学科

研究者リスト >> 脇坂 明
 

脇坂 明

 
アバター
研究者氏名脇坂 明
 
ワキサカ アキラ
所属学習院大学
部署経済学部 経済学科 経済学部 経済学科
職名教授
学位博士(京都大学), Economics, 経済学博士(京都大学)

研究キーワード

 
労働経済学

研究分野

 
  • 経済学 / 経済政策 / 

経歴

 
1994年4月
 - 
現在
学習院大学 経済学部 教授
 
2014年10月
 - 
2016年3月
学習院大学 図書館長
 
2011年4月
 - 
2013年3月
学習院大学 経済学部 学部長
 
2004年4月
 - 
2005年3月
オクスフォード大学 セント・アントニー・カレッジ 上席客員研究員
 
1982年
   
 
-:岡山大学経済学部助手
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
日本キャリアデザイン学会  会長
 
2005年
   
 
キャリアデザイン学会  
 
2014年
   
 
キャリアデザイン学会  副会長
 
2008年
 - 
2012年
キャリアデザイン学会  常務理事
 
2005年
 - 
2008年
キャリアデザイン学会  機関誌編集委員
 

受賞

 
1991年
冲永賞(『会社型女性?昇進のネックとライフコース』)
 
1995年
日本労務学会研究奨励賞 (「仕事と家庭の両立からみた女性のキャリア拡大の課題」
 
2003年
中小企業研究奨励賞(三谷直紀・脇坂明編『マイクロビジネスの経済分析』東京大学出版会)
 

Misc

 
昇進スピード慣行が女性の昇進に与える影響
脇坂 明, 奥井めぐみ・大内章子
『金沢学院大学紀要 経営・経済・情報科学・自然科学編』   (13) (37-45)    2015年
ドイツ・オランダにおける柔軟な働き方
脇坂 明, 松原光代
『学習院大学経済論集』   51(3・4) (151-166)   2015年
 「中小企業に人事制度は必要か」
脇坂 明
『日本労働研究雑誌』   (649) 73-81   2014年
『遅い選抜』は女性に不利に働いているか –国際比較をめざした企業データと管理職データの分析
脇坂 明
『男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査結果(2) –分析編』『JILPT調査シリーズ』   (119) 187-217   2014年
日本企業で女性が本当の意味で活躍することは可能か?
脇坂 明
生活経済政策   (206) 6-13   2014年

書籍等出版物

 
女性労働に関する基礎的研究
脇坂 明
日本評論社   2018年8月   
労働経済学入門―新しい働き方の実現を目指して
日本評論社   2011年   
学習院大学経済経営研究所編『経営戦略としてのワーク・ライフ・バランス』
第一法規    2008年   
橘木俊詔編『現代女性の労働・結婚・子育て?少子化時代の女性活用政策』
ミネルヴァ書房    2005年   
玉井金五・久本憲夫編『高度成長のなかの社会政策?日本における労働家族システムの誕生』 
ミネルヴァ書房   2004年   

講演・口頭発表等

 
「看護職員の残業時間と職務満足度との関係:ワークライフバランスの観点から」
日本経済学会秋季大会(西南学院大学)   2014年   
「管理職の男女間賃金比較」
日本経済学会秋季大会(西南学院大学)   2014年   
『キャリアデザインの創造的相互作用 ~ 10年間の省察と今後の展望 ~』
日本キャリアデザイン学会(東京家政大学)   2014年   
男女の昇進格差はなぜどのように生じるのか—企業調査と管理職・一般従業員調査の実証分析より
日本労務学会第44回全国大会(北海学園大学)   2014年   
OJTによる企業内キャリア形成とは」 統一論題 新しい働き方を問う 報告とシンポジウムのパネリスト
日本労務学会第43回全国大会(大阪国際大学)   2013年   

所属学協会

 
日本経済学会 , 社会政策学会 , 日本人口学会 , キャリアデザイン学会 , 日本労務学会

Works

 
「ワーク・ライフ・バランスを実現する企業支援システムと雇用システム」 
2012年 - 2016年

競争的資金等の研究課題

 
男女均等と仕事と家庭の両立の関係
研究期間: 1998年 - 2005年
ワーク・ライフ・バランス
女性労働