学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 法学部> 法学科 

法学部 法学科

研究者リスト >> 阿部 克則
 

阿部 克則

 
アバター
研究者氏名阿部 克則
 
アベ ヨシノリ
所属学習院大学
部署法学部 法学科
職名教授
学位学術修士(東京大学), M.A.(The University of Tokyo), LL.M(法学修士)(University of Cambridge), 教養学士, 学術修士, 法学LL.M修士

研究キーワード

 
WTO , 国際経済法

研究分野

 
  • 法学 / 国際法学 / 

経歴

 
1999年
 - 
2001年
:千葉大学法経学部助手
 
2001年
 - 
2003年
:千葉大学法経学部助教授
 
2007年
   
 
2003-:学習院大学法学部助教授(准教授2007年-)
 
2004年
 - 
2005年
:東京大学 客員助教授(兼任)
 
2008年
   
 
-:外務省経済局世界貿易機関紛争処理室調査員
 

Misc

 
カナダ再生可能エネルギー事件(下)
阿部 克則, 関根豪政
国際商事法務   42(6) 889-900   2014年
カナダ再生可能エネルギー事件(上)
阿部 克則, 関根豪政
国際商事法務   42(5) 717-729   2014年
WTO紛争解決機関の履行制度:他の国際制度との比較
阿部 克則
東アジア国際法雑誌   6(1) 7-28   2013年
WTO紛争解決手続におけるパネル設置要請と先決的抗弁
阿部 克則
千葉大学法学論集   27(4) 342-308   2013年
二国間投資条約/経済連携協定における投資仲裁と国内救済手続との関係
阿部克則
RIETIディスカッションペーパー   (07-J-040)    2007年

書籍等出版物

 
WTOにおける紛争解決機関勧告履行手続の法的性格―国際法上の諸制度との比較の視点から
川瀬剛志・荒木一郎編著『WTO紛争解決手続における履行制度』三省堂   2005年   
Analysis of the causation requirements in the Safeguards Agreement, in Araki & Kawase eds., Safeguards under the WTO Agreement: Issues and Proposals for a More Effective Mechanism(in Japanese)
Toyo-keizai-sinposha   2004年   
セーフガード協定における因果関係要件―不帰責規則(non-attribution rule)の分析と評価―、荒木一郎, 川瀬剛志編著「WTO体制下のセーフガード : 実効性ある制度の構築に向けて」
東洋経済新報社   2004年   
Trade and Investment:Its Imprications and Problems in the WTO
WTO at the Crossroads: An Analysis of the Non-Trade Issue Linkages(Kotera Akira ed., Toyokeizaishinposha Pub.)   2003年   
貿易と投資―そのWTO体制における意義と課題―
小寺彰編著『転換期のWTO―非貿易的関心事項の分析』東洋経済新報社   2003年   

講演・口頭発表等

 
中国レアアース輸出規制事件パネル報告の意義
国際法学会2014年度(第117年次)研究大会   2014年   
日本の韓国に対する補助金相殺措置
於早稲田大学社会科学研究科 院生・教員合同セミナー   2007年   
WTO補助金相殺関税協定とWTOの主要な紛争案件
於ジェトロ(日本貿易振興機構)   2007年   
国際法における法と経済学
第15回日本国際経済法学会研究大会(於京都大学)   2006年   

所属学協会

 
国際法学会 , 日本国際経済法学会 , 世界法学会 , 経済法学会 , Japanese Society of International Law , Japanese Association for International Economic Law , Japanese Society of Economic Law , 国際経済法学会

競争的資金等の研究課題

 
ガット/WTOとダンピング防止税制度の機能
国際経済法における投資規律
相殺関税制度
WTO協定の解釈適用 国際投資仲裁の管轄権