学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 法学部> 法学科 

法学部 法学科

研究者リスト >> 橋本 陽子
 

橋本 陽子

 
アバター
研究者氏名橋本 陽子
 
ハシモト ヨウコ
所属学習院大学
部署法学部 法学科 法学部 法学科
職名教授
学位修士(法学)(東京大学), Law(The University of Tokyo), 法学修士

研究キーワード

 
労働法

研究分野

 
  • 法学 / 社会法学 / 

経歴

 
1997年
 - 
2000年
:東京大学法学部助手
 
2000年
 - 
2006年
:学習院大学法学部助教授
 
2006年
   
 
-:学習院大学法学部教授
 

委員歴

 
2004年10月
   
 
日本EU学会  
 
1995年4月
   
 
日本労働法学会  
 

Misc

 
不採用となった求職者の情報請求権の存否と採用差別の立証で考慮されうる事実-Galina Meister vs. Speech Design Carrier Systems GmbH Case C-415/10 [2012] ECRⅠ–nyr. (欧州司法裁判所第2小法廷2012年4月19日先決裁定)-
橋本 陽子
貿易と関税2013年8月号   79-83   2013年
改正労働契約法について―有期労働契約の新たな法規制―
橋本 陽子
地方公務員月報2013年6月号   2-13   2013年
「労働者」の概念形成―法解釈方法論における類型概念論を手がかりとして―
橋本 陽子
『菅野和夫先生古稀記念論集・労働法学の展望』有斐閣      2013年
ドイツにおける低賃金労働の問題
橋本 陽子
Work & Life      2012年
労基法4条男女同一賃金の原則
橋本 陽子
西谷敏・野田進・和田肇編『新基本法コンメンタール労働基準法・労働契約法』日本評論社      2012年

書籍等出版物

 
事業再構築における労働法の役割
中央経済社   2013年   
雇用社会の法と経済
有斐閣   2008年   
企業内紛争処理システムの整備支援に関する調査研究中間報告書(労働政策研究報告書No.86)
労働政策研究・研修機構   2007年   
NPO就労発展への道筋―人材・財政・法制度から考える―(労働政策研究報告書No.82)
労働政策研究・研修機構   2007年   
個人か集団か?変わる労働と法
勁草書房   2006年   

講演・口頭発表等

 
2007年春季日本労働法学会報告
日本労働法学会   2007年   
ロースクール演習労働法
法学書院   2007年   
ロルフ・ヴァンク「労働条件の変更に関する日独の法的状況の概括的考察」
日独労働法協会会報   2007年   
フランツ・ヨゼフ・デュヴェル「労働条件の決定:立法、行政および裁判所は、ドイツの社会的市場システムにおいていかなる任務を負っているのか?」
日独労働法協会会報   2007年   
ロルフ・ヴァンク「ドイツ法における労働条件の変更―日本法との比較」
季刊労働法   2006年   

所属学協会

 
日本EU学会 , 日本労働法学会

Works

 
ドイツの解雇に関する文献を翻訳
2004年3月

競争的資金等の研究課題

 
労働者概念に関する研究
労働者概念、労働契約法の諸問題、労働者代表制度