学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 文学部 

文学部

研究者リスト >> 岡本 順治
 

岡本 順治

 
アバター
研究者氏名岡本 順治
 
オカモト ジユンジ
URLhttp://www-cc.gakushuin.ac.jp/~20050003/
所属学習院大学
部署文学部 ドイツ語圏文化学科
職名教授
学位文学修士(上智大学), 文学修士

研究キーワード

 
認知言語学 , 不変化詞動詞 , 心態詞 , 項構造

研究分野

 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 言語学 / 言語学 / 

経歴

 
1983年
 - 
1984年
:上智大学一般教育課程非常勤講師
 
1984年
 - 
1988年
:信州大学教養部専任講師
 
1988年
 - 
1991年
:信州大学教養部助教授
 
1991年
 - 
1996年
:筑波大学現代語・現代文化学系専任講師
 
1996年
 - 
1998年
:筑波大学現代語・現代文化学系助教授
 

委員歴

 
2009年5月
 - 
2011年5月
日本独文学会  理事
 

Misc

 
Synchronisierung mit Modalpartikeln.
岡本 順治
心態詞の音声と意味 ― 新しい研究手法の開発にむけて ―   60-79   2011年
幼児の発話データにおけるdochの誤用
岡本 順治, 牛山さおり
学習院大学ドイツ文学会研究論集14   21-50   2010年
心態詞の意味とは何か:「心の理論」との関係を問う
岡本 順治
学習院大学ドイツ文学会研究論集14   51-77   2010年
「構文文法」は話しことば研究の文法記述に貢献しうるか?
岡本 順治
日本独文学会叢書 065 高田博行編 『話しことば研究をめぐる4つの問い』   23-44   2009年
Unaccusative VP-Topicalization' in German: A View from Usage-based Construction.
Junji Okamoto
Integrative Studies on Essential Properties of Human Language by Theoretical Linguistics, Functional Linguistics, and Cognitive Neuroscience. (Tokyo Metropolitan University)   27-39   2007年

書籍等出版物

 
『講座ドイツ言語学 第1巻 ドイツ語の文法論』
ひつじ書房   2011年   
筑波大学現代言語学研究会編 『事象と言語形式』
三修社   2002年   
「ヴォイスと事象のパズル:言語学者の好きな問題?
『事象と言語形式』 三修社   2002年   
現代ドイツ語言語学入門
大修館書店   2001年   
イベント構造から見た使役表現:使役の意味の広がり
ヴォイスに関する比較言語学的研究   1997年   

講演・口頭発表等

 
ドイツ語心態詞と日本語終助詞の機能的類似性 —「運用文法」からの視点 —
科研費基盤研究(B)「文法と語用論の関係に関する日英語対照研究」(代表:廣瀬幸生)による講演会   2012年   
Influences of a potential interlocutor on the utterances of the speakers who try to describe objects.
ogSci2012 Poster   2012年   
Funktionen und Bedeutungen der deutschen Modal- und japanischen Satzschlusspartikeln im Rahmen eines Performanzmodells.
40. Linguisten-Seminar   2012年   
Intersubjective ways of expressing surprise: A case of German modal particles in exclamatives.
Workshop on Historical Pragmatics   2011年   
心態詞を使った発話の意味を実験的に捉える試み。
シンポジウム「心態詞の音声と意味:新しい研究手法の開発にむけて」   2010年   

所属学協会

 
日本独文学会 , 日本言語学会 , 日本認知科学会 , 日本認知言語学会 , 自然言語処理学会 , ドイツ文法理論研究会 , 日本ドイツ語情報処理学会 , Gesellschaft für Angewandte Lingustik

Works

 
東西言語文化の類型論プロジェクト
1997年
Typological Investigation into Languages and Cultures of the East and the West
1997年
文法と知識 : ドイツ語研究を文法と知識で捉えるための基礎的研究
2000年
Grammar and Knowledge : Research on German Grammar from the Viewpoint of their Interface.
2000年
言語の普遍性と個別性に関する記述的理論的研究
1995年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
トイツ語とオランダ語における分離・非分離動詞の項構造
研究期間: 1998年   
心態詞(Modalpartikeln)の認知モデル
分離動詞の生産的意味と構文
非対格動詞を使った動詞句話題化
認知言語理論