学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 文学部> 英語英米文化学科 

文学部 英語英米文化学科

研究者リスト >> 高見 健一
 

高見 健一

 
アバター
研究者氏名高見 健一
 
タカミ ケンイチ
所属学習院大学
部署文学部 英語英米文化学科 文学部 英語英米文化学科
職名教授
学位文学博士(東京都立大学), 教育学修士(大阪教育大学)

研究キーワード

 
機能的構文論 , 構文と意味 , 非対格性 , 受身と使役

研究分野

 
  • 言語学 / 言語学 / 

経歴

 
1982年
 - 
1985年
:静岡大学教養部講師
 
1985年
 - 
1994年
:静岡大学教養部助教授
 
1994年
 - 
2003年
:東京都立大学人文学部助教授
 
2003年
 - 
2005年
:東京都立大学人文学部教授
 
2005年
   
 
-:学習院大学文学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
大阪教育大学 教育学研究科 英語教育専攻
 
 
 - 
1977年
愛媛大学 教育学部 中学校教員養成課程(英語科)
 

委員歴

 
1991年
   
 
日本言語学会  委員
 
1999年
 - 
2000年
日本英語学会  大会準備委員会副委員長・委員長,編集委員,事務局長,編集委員
 
1997年
 - 
2000年
日本英文学会  編集委員
 
1993年
   
 
中部言語学会  編集委員
 

受賞

 
1992年
市河(三喜)賞
 
1981年
三省堂英語教育賞
 

Misc

 
英語の進行形と日本語の『〜ている』表現の違いをどう説明するか
高見 健一
英語教育   vol. 62(No. 10) 32-34   2013年
Cause 使役文とその受身文
高見 健一
生成言語研究の現在   199-220   2013年
使役構文をめぐって
高見 健一
ひつじ意味論講座2 構文と意味   69-87   2012年
科学文法と学習英文法
高見 健一
学習英文法を見直したい   194-205   2012年
Remarks on Locative Inversion in English
Kenichi Takami
Issues in English Linguistics   97-118   2012年

書籍等出版物

 
謎解きの英文法ー使役ー
くろしお出版   2014年   ISBN:978-4-87424-638-2
日本語構文の意味と機能を探る
くろしお出版   2014年   
日英対照 英語学の基礎
くろしお出版   2013年   
謎解きの英文法ー時の表現ー
くろしお出版   2013年   
謎解きの英文法ー省略と倒置ー
くろしお出版   2013年   

講演・口頭発表等

 
日本語の数量詞遊離再考—韻律的、統語的要因か、意味的、機能的要因か?
待兼山ことばの会   2013年   
日英語の意味的・機能的な構文分析
東京言語研究所 2013 年度理論言語学講座   2013年   
英語の場所句倒置構文と There 構文
東京言語研究所 2013 年度春期 講座   2013年   
A(n) や the はどんなとき付けるの?
大妻女子大学比較文化学部講演会   2012年   
(i)「バスが止まっているは The bus is stopping か?、(ii) A(n) があるかないかで大違い?
高知県立西高等学校英語科(3年生・2年生)   2012年   

所属学協会

 
日本英語学会 , 日本言語学会 , 日本英文学会 , 日本語用論学会 , 日本語文法学会 , 日本中部言語学会

Works

 
(事典の分担執筆)「形式と機能」
 - 2005年
-2005
(事典の分担執筆)「言語機能の研究」
 - 2005年
-2005
(事典の分担執筆)「代名詞・再帰代名詞」、「句・節の構造」
 - 2001年
-2001
英語学・言語学
 - 1999年
-1999

競争的資金等の研究課題

 
日英語の右方移動講文
科学研究費補助金
研究期間: 1991年 - 2005年
数量詞の作用域
研究期間: 1992年 - 2003年
日英語の文の情報構造
研究期間: 1995年 - 2005年
英語および日本語の機能的構文分析
研究期間: 1995年 - 2014年
非対格性と非能格性
研究期間: 1997年 - 2014年