学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 文学部> 史学科 

文学部 史学科

研究者リスト >> 下重直樹
 

下重直樹

 
アバター
研究者氏名下重直樹
 
シモジュウ ナオキ
ハンドルarchivist
URLhttp://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/03kyouin.html
所属学習院大学大学院
部署人文科学研究科アーカイブズ学専攻
職名准教授
学位修士(文学)(筑波大学)

研究キーワード

 
記録管理 , 公文書 , 公文書館 , 政治史 , 史料学 , アーカイブズ , 日本近代史

研究分野

 
  • 史学 / 日本史 / 近現代政治研究、記録史料学研究

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
学習院大学大学院 人文社会科学研究科 准教授
 
2016年4月
 - 
2017年3月
国立公文書館 公文書専門官
 
2014年4月
 - 
2016年3月
内閣府 大臣官房公文書管理課 公文書管理専門職
 
2011年4月
 - 
2014年3月
国立公文書館 総務課 企画法規係長
 
2009年4月
 - 
2011年3月
国立公文書館 公文書専門員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会特別研究員  
 
2004年4月
 - 
2009年3月
筑波大学大学院 人文社会科学研究科 歴史人類学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
筑波大学 第一学群 人文学類
 
1997年4月
 - 
2000年3月
福島県立白河高等学校  
 

委員歴

 
2019年5月
 - 
現在
福岡共同公文書館(福岡県立公文書館・福岡県市町村公文書館)  運営専門協議会委員
 
2018年4月
 - 
現在
豊島区  公文書管理の在り方検討委員会 副委員長
 
2017年6月
 - 
現在
独立行政法人国立公文書館  歴史資料等の積極収集に関する検討会議 委員
 
2017年5月
 - 
2019年3月
独立行政法人国立公文書館  アーキビストの職務基準に関する検討会議 委員
 

受賞

 
2008年7月
日本歴史学会 日本歴史学会賞
 

論文

 
「現代記録史料学」の必要性とその課題―電子公文書の管理をめぐって―
下重直樹
歴史学研究   (987) 26-32   2019年9月   [査読有り][招待有り]
書評 末木孝典著『選挙干渉と立憲政治』
下重直樹
選挙研究   35(1) 137-137   2019年6月   [査読有り]
変わる公文書管理・アーカイブズシステム―政府の制度改革を中心に―
下重直樹
ねっと群文協   (42) 1-7   2019年3月   [招待有り]
「三原英次郎「欧米主要諸国外務省文書整理方法概要」(1934年9月)」翻刻と解題
下重直樹
人文   (17) 191-218   2019年3月   [査読有り]
「建学の精神」を求めて―アーカイブズ探訪記―
下重直樹
学習院アーカイブズ ニューズレター   (13) 2-3   2019年2月
公文書管理と「説明責任」―民主主義の根幹を支えるために
下重直樹
Journalism   (337) 50-58   2018年6月
戦前政党内閣確立期における政策の協調と対立―北海道第二期拓殖計画の策定過程を中心として―
下重直樹
学習院大学文学部研究年報   (64) 215-246   2018年3月   [査読有り]
わたしたちの憲法を考える―日本国憲法施行から70年目の今―
下重直樹
国立公文書館ニュース   (9) 2-5   2017年3月
読売新聞特別編集委員 橋本五郎氏との対談
立憲同志会・憲政会の「政策」決議と地域政治―河野広中の選挙基盤を中心として―
下重直樹
近代史料研究   (14)    2014年10月
史料散歩 国立公文書館所蔵の「内閣記録出納簿類」
下重直樹
日本歴史   (790) 101-103   2014年3月   [査読有り]
SARBICA国際セミナー「アーカイブズの災害管理及び復旧 : デジタル時代の解決策と課題」参加報告
下重直樹
アーカイブズ   (52) 22-27   2014年3月
大戦間期の内閣制度改革構想と政策形成モデル―松井春生の資源政策論を手がかりとして―
下重直樹
史境   (67) 18-43   2014年3月
内閣補助部局における記録管理の史的展開―政策形成とアーカイブズに関する試論として―
下重直樹
北の丸   (46) 3-39   2014年1月
被災公文書等修復支援事業の成果について
下重直樹
アーカイブズ   (49) 65-68   2013年3月
公文書管理制度と近現代史学―政治史の対象と方法についての一考察―
下重直樹
近代史料研究   (12)    2012年10月
書評 村瀬信一著『明治立憲制と内閣』
下重直樹
選挙研究   27(2) 135-136   2011年2月   [査読有り]
書評 櫻井良樹著『辛亥革命と日本政治の変動』
下重直樹
日本歴史   (751) 131-133   2010年12月   [査読有り]
昭和財政史資料―戦前大蔵省における文書管理と財政史編纂―
下重直樹
北の丸   (42) 52-63   2009年10月
経済攻究会覚書―大正後期における政策形成集団の組織と論理―
下重直樹
史境   (58) 105-120   2009年3月
書評 小林道彦著『桂太郎』
下重直樹
日本歴史   (717) 115-117   2008年2月   [査読有り]
「稿本井上馨伝」編纂事業についての基礎的考察―伝記資料の史料学的検討から―
下重直樹
近代史料研究   (7) 29-49   2007年10月
日露戦後財政と桂新党―桂系官僚と財界の動向を中心に―
下重直樹
日本歴史   (710) 54-70   2007年7月   [査読有り]
山本達雄の政治指導と地方経済―大正初期における勧銀‐農工銀ラインを中心に―
下重直樹
社会文化史学   (49) 21-40   2007年3月
原敬の政治指導と行政整理―臨時制度整理局を中心に―
下重直樹
史境   (53) 16-33   2006年9月
〈史料翻刻〉国立公文書館所蔵「内史日録」「日録」
下重直樹
年報日本史叢2005   57-101   2005年12月
書評 川田稔編『浜口雄幸集』論述・講演篇/議会演説篇
下重直樹
史境   (50) 150-157   2005年3月
日露戦後財政と外債問題―外務省記録の分析を中心として―
下重直樹
近代史料研究   (4) 25-45   2004年10月

講演・口頭発表等

 
戦後における公文書管理システムの形成―改革をめぐる組織・規範・人間―
下重直樹
2019年度日本行政学会研究会   2019年5月26日   

教育業績(担当経験のある科目)

 
  • アーカイブズ学理論研究 (学習院大学大学院)
  • 記録史料学研究 (学習院大学大学院)

所属学協会

 
福島県史学会 , 日本行政学会 , 日本アーカイブズ学会 , 日本歴史学会 , 日本選挙学会 , 史学会 , 歴史人類学会

社会貢献活動

 
デジタル・アーカイブズ時代の公文書館
【講師】  地域科学研究会  2019年9月5日 - 2019年9月5日
公文書管理とアーカイブズ―近現代における歴史的展開―
【講師】  独立行政法人国立公文書館「アーカイブズ研修Ⅰ」  2019年8月26日 - 2019年8月26日
公文書を残し、伝える。―豊島区の新たな挑戦―
【講師】  豊島区  2019年3月26日 - 2019年3月26日
「デジタル形式を含む記録遺産の保護及びアクセスに関する勧告」に係る我が国の実施状況報告書
【助言・指導, 報告書執筆】  文部科学省国際統括官 (日本ユネスコ国内委員会事務局)  2019年1月 - 2019年
変わる公文書管理・アーカイブズシステム―政府の制度改善を中心に―
【講師】  群馬県市町村公文書等保存活用連絡協議会専門講座  2018年11月29日 - 2018年11月29日