学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 法学部> 政治学科 

法学部 政治学科

研究者リスト >> 三輪 洋文
 

三輪 洋文

 
アバター
研究者氏名三輪 洋文
 
ミワ ヒロフミ
URLhttps://sites.google.com/site/miwahirofumi/
所属学習院大学
部署法学部 政治学科
職名准教授
学位博士(法学)(東京大学)
J-Global ID201601019304629416

研究キーワード

 
選挙 ,イデオロギー ,投票行動 ,世論

研究分野

 
  • 人文・社会 / 政治学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
学習院大学 法学部政治学科 准教授 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会  特別研究員(DC1) 
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2018年9月
東京大学 大学院法学政治学研究科 総合法政専攻 博士課程
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院法学政治学研究科 総合法政専攻 修士課程
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京大学 法学部 第3類
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学 教養学部 文科1類
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
日本選挙学会  事務局幹事
 
2019年5月
 - 
2020年9月
日本選挙学会  2020年度企画委員
 

受賞

 
2020年5月
日本選挙学会, 2019年度日本選挙学会賞 優秀報告,日本の最高裁裁判官のイデオロギー位置の推定
三輪 洋文 
 
2018年9月
東京大学大学院法学政治学研究科, 博士(法学)特別優秀賞,現代日本の有権者とイデオロギー
三輪 洋文 
 
2018年5月
日本選挙学会, 2017年度日本選挙学会賞 優秀報告,混合分布潜在変数モデルによる信念体系の不均質性の析出
三輪 洋文 
 
2018年5月
日本選挙学会, 2017年度日本選挙学会賞 優秀論文,Twitterデータによる日本の政治家・言論人・政党・メディアのイデオロギー位置の推定
三輪 洋文 
 
2015年2月
東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター, SSJデータアーカイブ優秀論文表彰,現代日本における争点態度のイデオロギー的一貫性と政治的洗練——Converseの呪縛を超えて
三輪 洋文 
 

論文

 
 
金子 智樹   淺野 良成   三輪 洋文   
International Journal of Press/Politics   26(3) 719-742   2021年7月   [査読有り]
Although measuring the ideal points of news media is essential for testing political communication theories based on spatial theory, prior methods of estimating ideal points of media outlets have various shortcomings, including high cost in terms ...
 
三輪 洋文   荒見 玲子   谷口 将紀   
Political Behavior      2021年5月   [査読有り]
Understanding voters’ conception of ideological labels is critical for political behavioral research. Conventional research designs have several limitations, such as endogeneity, insufficient responses to open-ended questions, and inseparability o...
 
三輪 洋文   谷口 将紀   
公共選択   75 81-101   2021年4月   [招待有り]
本研究は,争点態度と党派性のイデオロギー的一貫性を有権者の能力の指標として,日本の青年が大人と比較してどの程度政治的に成熟しているのか,政治的成熟度が青年期にどのように向上するのかを調べる。我々は2017年に,一方は15〜22歳を対象とし,他方は有権者全体を対象とする,対となる2つのオンライン調査を実施し,左右イデオロギーに関連する様々な争点に関する意見を尋ねた。イデオロギー的に一貫した態度の割合をディリクレ回帰によって分析したところ,青年の争点態度は高齢者よりもイデオロギー的な一貫性が低...
 
三輪 洋文   八方 武蔵   尾高 花歩   
Journal of Elections, Public Opinion and Parties      2020年9月   [査読有り]
We contribute to the demand-side theory of women’s underrepresentation in democracy, by which we mean that women are underrepresented in politics because voters prefer male politicians, by focussing on gender’s effect on the persuasive power of po...
 
三輪 洋文   境家 史郎   
年報政治学   71(1) 34-57   2020年6月   [招待有り]
本研究は,戦後に主要7調査機関が実施した憲法に関する世論調査の結果を包括的に分析することで,戦後日本人の憲法意識の変遷を追うことを目的とする。動的線形モデルを応用した世論調査集積法を用いることによって,質問内容やワーディングの違い,調査機関・調査方法ごとの傾向,標本誤差を考慮した上で,憲法改正に対する潜在的な賛成・反対率を推定できる。推定結果からは,有権者の認識において1950年代には憲法改正が全面改憲を意味したのに対して,1960〜80年代にかけて争点が9条改正に収斂していったこと,19...

MISC

 
 
 
野中尚人   久保山哲二   三輪洋文   
学習院大学計算機センター年報   41 15-26   2021年3月   
 
尾野 嘉邦   三輪 洋文   
RIETI Discussion Paper Series   20-E-034    2020年4月   
 
野中 尚人   久保山 哲二   三輪 洋文   
学習院大学計算機センター年報   40 48-52   2020年3月   
 

講演・口頭発表等

 
 
日本の国会における議会発言の委任モデルの検証
三輪 洋文   野中 尚人   
日本選挙学会2021年度研究会   2021年5月9日   日本選挙学会   
 
Extracting Ideological Dimensions from Legislative Speeches in the Japanese Diet
金子 智樹   淺野 良成   三輪 洋文   
日本選挙学会2021年度研究会   2021年5月9日   日本選挙学会   
 
What Does Partisanship Mean for Voters? A Comparative Study
小椋 郁馬   三輪 洋文   
日本政治学会2020年度研究大会   2020年9月27日   日本政治学会   
 
Who Shares Ideological Belief Systems with Political Elites? A Mixture Model-Based Approach
三輪 洋文   
東大社研政治学オンラインワークショップ   2020年6月11日   
 
動的線形モデルによる憲法意識の変遷の分析
三輪 洋文   
日本政治学会2019年度研究大会   2019年10月6日   日本政治学会   

教育業績(担当経験のある科目)

 
 
   
 
日本政治過程論 (学習院大学)
 
   
 
特別演習(サーベイ実験と因果推論の実習) (学習院大学)
 
   
 
統計分析 (学習院大学)
 
   
 
外国書講読(実証的研究論文の読み方) (学習院大学)
 
   
 
特殊講義(イデオロギーと現代政治) (学習院大学)

所属学協会

 
2021年
 - 
現在
公共選択学会
2013年
 - 
現在
日本選挙学会
2013年
 - 
現在
日本政治学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
週単位の内閣・政党支持率データを用いた日本の世論の動態的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
三輪 洋文 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
政治的ジェンダーバイアスの包括的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
尾野 嘉邦 石綿 はる美 三輪 洋文 横山 智哉 中村 航洋 松林 哲也 粕谷 祐子 木村 泰知 河村 和徳 
研究期間: 2020年4月 - 2025年3月
 
自然言語処理技術を用いた日英仏議会テキスト解析による国会の特質・変則性の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)
野中 尚人 久保山 哲二 狩野 芳伸 三輪 洋文 
研究期間: 2020年7月 - 2024年3月
 
日本から世界への「行動政治学」の発信:オンライン実験による非合理的政治行動の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
福元 健太郎 稲増 一憲 遠藤 晶久 尾野 嘉邦 善教 将大 肥前 洋一 三輪 洋文 
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月
 
政治的分極化がアジアにおける民主主義の後退に与える影響
公益財団法人 三菱財団: 人文科学研究助成
三輪 洋文 小椋 郁馬 粕谷 祐子 
研究期間: 2021年10月 - 2022年9月