学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 

研究者業績

研究者リスト >> 伊藤 真実子
 

伊藤 真実子

 
アバター
研究者氏名伊藤 真実子
 
イトウ マミコ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40626579.ja.html
所属学習院大学
職名教授
学位博士(学習院大学)

研究キーワード

 
植民地 , 博物館 , 日本近現代史 , 万国博覧会 , 博覧会

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本史 / 

経歴

 
2012年
   
 
学習院大学 研究員
 

論文

 
伊藤真実子
『日本歴史』   841 104-106   2018年6月   [招待有り]
伊藤真実子
19世紀学研究   11    2017年3月   [招待有り]
伊藤真実子
『日本歴史』   (815) 114-116   2016年4月   [査読有り][招待有り]

MISC

 
伊藤 真実子
史學雜誌   117(11) 1981-1989   2008年11月
博覧会に関する研究は歴史学のみならず多方面から進められ、業績は厚みを増している。このことから現時点における博覧会研究の動向を整理し、その意義をふりかえってみることには意味があろう。博覧会研究は、一九、二〇世紀に各国で開催された万国博覧会を対象としたものがその中心となっている。とりわけ開催国となったアメリカ、イギリス、フランスで一九八〇年代から、日本国内では一九八〇年代後半から研究が盛んになってきている。欧米における研究は開催国の視点からのそれを中心としている。日本での研究は、日本における初...
伊藤 真実子
日本歴史   (686) 69-84   2005年7月
伊藤 真実子
史學雜誌   112(9) 1542-1562   2003年9月
伊藤 真実子
史學雜誌   110(5) 871-873   2001年5月

書籍等出版物

 
伊藤真実子 (担当:共編者(共編著者), 範囲:蒐集する文化ーヨーロッパと日本における博物学と個人コレクション)
山川出版社   2014年2月   
伊藤真実子 (担当:共編者(共編著者), 範囲:1931年パリ国際植民地博覧会)
山川出版社   2014年2月   
伊藤真実子 (担当:共著, 範囲:同時代の日記)
吉川弘文館   2012年10月   
伊藤真実子 (担当:分担執筆, 範囲:航西日乗(成島柳北))
吉川弘文館   2012年10月   
伊藤真実子 (担当:分担執筆, 範囲:博覧会と植民地)
有志社   2012年9月   

講演・口頭発表等

 
伊藤真実子
日本ドイツ学会第35回大会 フォーラム3オーストリア=ハンガリーと日本ー国交樹立150周年を記念してー   2020年6月30日   
伊藤真実子
江戸時代から明治期にかけての技術知識の生成と普及―職人から技師へー   2018年9月18日   
伊藤真実子
The 15th EAJS(European Asociation of Japanese Studies)International conference in Lisbon   2017年9月2日   
伊藤真実子
「海外における日本文化研究とその展望に関するシンポジウム」   2017年7月14日   
伊藤真実子
War crimes and Empire at University of Cambridge   2016年11月8日   

所属学協会

 
日本歴史学協会 , 洋学史学会 , メディア史研究会 , 学習院大学史学会 , 史学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
サントリー文化財団: 人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成
研究期間: 2016年8月 - 2017年7月
サントリー文化財団: 人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成
研究期間: 2015年8月 - 2016年7月
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2015年