学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:

研究者業績

研究者リスト >> 北崎 悦子
 

北崎 悦子

 
アバター
研究者氏名北崎 悦子
 
キタザキ エツコ
URL
所属学習院大学
部署スポーツ・健康科学センター
職名教授
学位博士(コーチング学)(筑波大学), 修士(体育学)(筑波大学), 学士(法学)(亜細亜大学)
J-Global ID202001001952774207

研究キーワード

 
質的研究 ,実践知 ,個人戦術 ,テニス

研究分野

 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
学習院大学 スポーツ・健康科学センター 教授 
 
2020年4月
 - 
2021年3月
学習院大学 スポーツ・健康科学センター 准教授 
 
2015年4月
 - 
2020年3月
学習院大学 スポーツ・健康科学センター 非常勤講師 
 
2018年2月
 - 
2019年3月
独立行政法人日本スポーツ振興センター  契約職員 
 
2017年4月
 - 
2018年3月
津田塾大学 ウェルネス・センター 非常勤講師 
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2020年3月
筑波大学 大学院 人間総合科学研究科 コーチング学専攻
 
2013年4月
 - 
2015年3月
筑波大学 大学院 人間総合科学研究科 体育学専攻
 
2001年4月
 - 
2005年3月
亜細亜大学 法学部 法律学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本オリンピック委員会  強化スタッフ(コーチングスタッフ)
 

受賞

 
2017年12月
日本テニス学会, 平成29年度日本テニス学会第29回大会研究奨励賞
北崎悦子 會田 宏 
 
2016年3月
日本コーチング学会, 第27回大会 学会大会優秀発表賞
米原博章 北崎悦子 苅山 靖 図子浩二 
 

論文

 
 
 
北崎 悦子   會田 宏   
体育学研究   63(1) 421-431   2018年6月   [査読有り]
<p> This study aimed to clarify the structure of effective shot combinations for the ground stroke in tennis that can be practically applied to improve individual tactics by drawing on the wisdom of elite tennis players. The interview questions co...

MISC

 
 
永野翔大   中山紗織   北崎悦子   會田 宏   
コーチング学研究   35(1) 149-153   2021年10月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
 
 
 
道上静香   細木祐子   宮地弘太郎   北崎悦子   
日本テニス学会第29回大会   2017年12月10日   
 
宮地弘太郎   道上静香   細木祐子   北崎悦子   北村 哲   小屋菜穂子   村田宗紀   
日本テニス学会第29回大会   2017年12月10日   

教育業績(担当経験のある科目)

 
2022年4月
 - 
現在
健康・スポーツ演習 (青山学院大学)
2020年4月
 - 
現在
スポーツと健康を考える (学習院大学)
2015年4月
 - 
現在
スポーツ・健康科学Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ テニス (学習院大学)
2017年4月
 - 
2018年3月
余暇教育(スポーツと身体スキル)テニス (津田塾大学)

所属学協会

 
2020年10月
 - 
現在
日本質的心理学会
2020年9月
 - 
現在
日本スポーツ運動学会
2015年8月
 - 
現在
日本コーチング学会
2015年8月
 - 
現在
日本体育・スポーツ・健康学会
2013年9月
 - 
現在
日本テニス学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
卓越した女性指導者が有するコーチング観とその形成に関する事例的研究-ジェンダー意識に着目して-日本コーチング学会 研究助成:不適切なスポーツ指導をなくすためのエビデンスのさらなる蓄積と提示
研究期間: 2021年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2016年9月 - 2017年7月