学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 理学部> 物理学科 

理学部 物理学科

研究者リスト >> 荒川 一郎
 

荒川 一郎

 
アバター
研究者氏名荒川 一郎
 
アラカワ イチロウ
通称等の別名四阿山
URLhttp://www.gakushuin.ac.jp/univ/sci/phys/arakawa/
所属学習院大学
部署理学部 物理学科
職名教授
学位工学博士(東京大学)

研究キーワード

 
励起子 , 電子遷移誘起脱離 , 希ガス固体 , 光励起脱離 , 電子励起脱離 , 原子・分子物理 , 粒子線 , wetting転移 , 脱離 , 分子物理 , 希ガス薄膜 , 励起原子 , 多層吸着 , 物理吸着層 , X線 , 三次元相転移 , 偏光解析 , 二次元相転移 , 分子性固体 , 表面・界面物性 , 放射線 , 相転移 , 放射線,X線,粒子線 , 水クラスター , 界面物性 , 固体内イオン化 , 表面 , 物理吸着 , 原子 , , 摩擦 , 極高真空技術 , 表面・界面 , Tribology , Extremely High Vacuum Technology , Suface Science

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性 / 
  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性 / 
  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理 / 

経歴

 
1994年
 - 
現在
学習院大学理学部 教授
 
1998年
 - 
2000年
分子科学研究所客員教授
 
1986年
 - 
1994年
学習院大学理学部 助教授
 
1986年9月
 - 
1987年8月
マクマスター大学 Inst. for Materials Research 客員研究員
 
1984年
 - 
1986年
学習院大学理学部 講師
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1976年3月
東京大学 工学部 
 

委員歴

 
2019年5月
 - 
現在
日本表面真空学会  会長
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本真空学会  会長
 
2012年1月
 - 
2013年3月
日本真空学会  教育委員長
 
2009年1月
 - 
2011年12月
日本真空協会  教育部会長
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本真空協会  研究部会長
 

受賞

 
2014年11月
日本真空学会 フェロー
 
1998年
真空技術賞
 
1984年
熊谷記念真空科学論文賞
 

論文

 
Sugimoto Takeru, Nasu Hirokazu, Arakawa Ichiro, Yamakawa Koichiro
Journal of Chemical Physics   150(18) 184302‐184302‐5   2019年
Shimazaki Yoichi, Arakawa Ichiro, Yamakawa Koichiro
AIP ADVANCES   8 045313   2018年4月   [査読有り]
Sugimoto Takeru, Arakawa Ichiro, Yamakawa Koichiro
EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL D   72(3)    2018年3月   [査読有り]
清水 元希, 鈴木 菜摘, 那須 裕一, 坪井 嶺, 倉橋 裕之, 荒川 一郎, 山川 紘一郎
表面と真空   61(4) 236-243   2018年
<p>An apparatus for terahertz spectroscopy in an ultrahigh vacuum has been developed. We used broadband Mylar for the beam splitter in a Fourier transform spectrometer, diamond for optical windows, and a liquid-helium-cooled Si bolometer for...
河原 幸太, 加藤 勇樹, 久保田 康介, 山川 紘一郎, 荒川 一郎
表面と真空   61(8) 533-538   2018年
<p>An experimental system was developed for the physisorption study of hydrogen at substrate temperatures between 1.8 K and 10 K and at pressures down to 10<sup>-10</sup> Pa. The vaccum system was separated into two rooms by a bu...

MISC

 
荒川 一郎
真空技術   58(1) 2-2   2015年
荒川 一郎
真空   56(6) 198-198   2013年6月
  This basic course was planned and arranged by the Education Division, the Vacuum Society of Japan for students and beginners who start engaging in vacuum science and technology in either research or business fields. The course is also ...
荒川 一郎
真空   55(4) 204-205   2012年4月

書籍等出版物

 
Desorption induced by electronic transitions V   1993年   
日刊工業新聞社   1991年   
日刊工業新聞社   1990年   
"Desorption induced by Electronic transitions iv"   1990年   

講演・口頭発表等

 
荒川 一郎
表面と真空   2018年   
<p>Surface science had its beginning at the dawn of the human civilization and vacuum science in the 17th century. Collaboration between them has begun in the late 19th century and has grown in close manner in the field of sc...
山川 紘一郎, 笹川 裕矢, 石橋 篤季, 波吉 敏信, 荒川 一郎, 福谷 克之
表面科学学術講演会要旨集   2018年   
H2の核スピン転換は長年多大な関心を集めてきたが,その機構の統一的理解は未だ得られていない.著者らは,固体CO,CO2中,H2O氷表面上にH2を補足し,電場による分極を利用してH2の赤外吸収を観測した.そして,オルソ・パラ由来の吸収ピークの時間変化から核スピン転換率を求めた.各系における転換率の温度依存性を議論すると共に,多光子共鳴イオン化法で測定した希ガス固体表面上H2...
荒川 一郎
表面と真空   2018年   
河原 幸太, 加藤 勇樹, 山﨑 勇澄, 山川 紘一郎, 荒川 一郎
表面科学学術講演会要旨集   2017年   
極高真空における主な残留ガスである水素の低温面への吸着現象は未だ十分に理解されていない. 本研究では電子励起脱離法と飛行時間測定法を用いて水素の吸着密度を測定し, 吸着等温線および平均滞在時間を得ることを目的とした. 吸着等温線では, 先行研究と同様な二次元凝縮や, 単分子層形成時の圧力が温度に依らない異常温度依存性が確認できた. 平均滞在時間は, 水素吸着密度に強く依存することがわかった.
荒川 一郎
表面科学学術講演会要旨集   2017年   
真空誌が「研究」と「教育」の面で果たしてきた役割を,60年の内の後半30年を中心に総括してみよう.研究発表の場として十分な環境であったのだろうか.会員の教育に資することができたのだろうか.それらの反省を,これからのdomesticな学術誌の在り方と,その発展を考えるために役立てて欲しい.

教育業績(担当経験のある科目)

 
  • 真空工学 (電気通信大学)
  • 一般教育物理学実験 (日本女子大学)
  • 応用物理学 III (真空科学) (学習院大学自然科学研究科)
  • 応用物理学 I (表面科学) (学習院大学自然科学研究科)
  • 原子物理学概論 (学習院大学理学部)

所属学協会

 
原子衝突学会 , 米国真空学会 , 日本表面科学会 , 日本物理学会 , 応用物理学会

Works(作品等)

 
1989年 - 2000年
芸術活動   1984年

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
研究期間: 2001年   
研究期間: 2001年   
研究期間: 1993年   
Grant-in-Aid for Scientific Research
研究期間: 1993年   
科学研究費補助金
研究期間: 1983年