学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 理学部> 化学科 

理学部 化学科

研究者リスト >> 秋山 隆彦
 

秋山 隆彦

 
アバター
研究者氏名秋山 隆彦
 
アキヤマ タカヒコ
所属学習院大学
部署理学部 化学科
職名教授
J-Global ID200901007447424579

研究キーワード

 
有機合成化学 ,Synthetic Organic chemistry

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 有機合成化学 / 有機合成化学
  • ライフサイエンス / 生物有機化学 / 有機化学
  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学 / 有機化学

経歴

 
1997年4月
 - 
現在
学習院大学 理学部 化学科 教授 
 
1994年4月
 - 
1997年3月
学習院大学 理学部化学科 助教授 
 
1988年7月
 - 
1994年3月
愛媛大学 工学部資源化学科 助手 
 
1992年4月
 - 
1993年3月
スタンフォード大学 化学科 客員研究員 
 
1985年4月
 - 
1988年6月
塩野義製薬(株) 塩野義研究所 研究員 
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京大学 理学系研究科 化学専門課程
 
 
 - 
1985年
東京大学  
 
 
 - 
1980年
東京大学 理学部 化学科
 
 
 - 
1980年
東京大学  
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
日本化学会  理事
 
2018年4月
 - 
現在
独立行政法人 日本学術振興会  学術システム研究センター 主任研究員
 

受賞

 
2018年2月
有機合成化学協会, 有機合成化学協会賞
秋山 隆彦 
 
2016年8月
アメリカ化学会, アメリカ化学会賞(Arthur C. Cope Scholar Award)
秋山 隆彦 
 
2016年3月
フンボルト財団, フンボルト賞
秋山 隆彦 
 
2012年11月
公益財団法人 万有生命科学振興国際交流財団, 名古屋シルバーメダル
秋山 隆彦 
 
2009年3月
日本化学会, 日本化学会学術賞
 

論文

 
 
Hiroto Osakabe   Shota Saito   Masamichi Miyagawa   Takuya Suga   Tatsuhiro Uchikura   Takahiko Akiyama   
Organic Letters   22(6) 2225-2229   2020年3月   [査読有り]
 
Ignacio Ib{\'{a   n } }ez   Mio Kaneko   Yuto Kamei   Ryosuke Tsutsumi   Masahiro Yamanaka   Takahiko Akiyama   
ACS Catalysis   6903   2019年8月   [査読有り]
 
Yuan Jin   Yasuhiro Honma   Hisashi Morita   Masamichi Miyagawa   Takahiko Akiyama   
Synlett   30(13) 1541   2019年8月   [査読有り]
 
Masamichi Miyagawa   Masaru Yoshida   Yuki Kiyota   Takahiko Akiyama   
Chemistry – A European Journal   25(22) 5677-5681   2019年4月   [査読有り]
 
Risa Tamura   Eriko Kitamura   Ryosuke Tsutsumi   Masahiro Yamanaka   Takahiko Akiyama   Keiji Mori   
Organic Letters      2019年4月   [査読有り]

MISC

 
 
Keiji Mori   Ryo Isogai   Yuto Kamei   Masahiro Yamanaka   Takahiko Akiyama   
Journal of the American Chemical Society   140(20) 6203-6207   2018年5月   
Described herein is a chiral magnesium bisphosphate-catalyzed asymmetric double C(sp3)-H bond functionalization triggered by a sequential hydride shift/cyclization process. This reaction consists of stereoselective domino C(sp3)-H bond functionali...
 
Masamichi Miyagawa   Kensuke Takashima   Takahiko Akiyama   
Synlett      2018年5月   
Copyright © 2018, Georg Thieme Verlag. All rights reserved. An enantioselective transfer hydrogenation reaction of alkynyl ketimine bearing a trifluoromethyl group was accomplished. Chemoselective reduction of ketimine was achieved by the combined...
 
Masamichi Miyagawa   Takahiko Akiyama   
Chemistry Letters   47(1) 78-81   2018年   
The Tishchenko reaction is one of the useful methods for ester synthesis. Intra- and intermolecular Tishchenko reactions using metallic zinc are described. A practical Tishchenko reaction using metallic zinc was applied to various benzaldehydes to...
 
Keiji Mori   Hiroki Kishi   Takahiko Akiyama   
SYNTHESIS-STUTTGART   49(2) 365-370   2017年1月   
We report herein a highly efficient kinetic resolution of PHANOL by chiral phosphoric acid catalyzed asymmetric acylation. PHANOL enantiomers were well differentiated by the chiral environment of chiral phosphoric acid, and both the corresponding ...
 
Kosaku Horiguchi   Eri Yamamoto   Kodai Saito   Masahiro Yamanaka   Takahiko Akiyama   
CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   22(24) 8078-8083   2016年6月   
Asymmetric synthesis of tetrahydrobenzodiazepines was achieved by transfer hydrogenation of dihydrobenzodiazepines with benzothiazoline having a hydrogenbonding donor substituent by means of a newly synthesized chiral phosphoric acid. This method ...

書籍等出版物

 
 
Wiley-VCH   2004年   (ISBN:3527305084)   

所属学協会

 
 
   
 
日本プロセス化学会
 
   
 
アメリカ化学会
 
   
 
有機合成化学協会
 
   
 
日本化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
軸性不斉を有するキラルビアリールの回転障壁を下げることは可能か?
日本学術振興会: 科学研究費補助金挑戦的研究(萌芽)
秋山 隆彦 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
 
キラルリン酸およびその誘導体を用いた不斉合成反応の新展開
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
秋山 隆彦 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
NMRを用いた最適溶媒の予測
日本学術振興会: 科学研究費補助金挑戦的萌芽
秋山 隆彦 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
 
炭素ー水素結合活性化反応を基軸とする分子内redox反応系を用いる環化反応の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
秋山 隆彦 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
キラルブレンステッド酸触媒の理論的制御システム設計
文部科学省: 科学研究費補助金新学術領域研究
秋山 隆彦 
研究期間: 2011年9月 - 2016年3月