学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 理学部> 数学科 

理学部 数学科

研究者リスト >> 内海 晋弥
 

内海 晋弥

 
アバター
研究者氏名内海 晋弥
 
ウチウミ シンヤ
URLhttps://pc1.math.gakushuin.ac.jp/~uchiumi/index-j.html
所属学習院大学
部署理学部 数学科
職名助教
学位博士(理学)(早稲田大学)
科研費研究者番号90801176
ORCID ID0000-0003-1042-0001
J-Global ID201701017305551644

研究キーワード

 
ラグランジュ・ガレルキン法 ,特性曲線法 ,有限要素法 ,ナヴィエ・ストークス方程式 ,移流拡散方程式 ,流れ問題 ,偏微分方程式の数値解析

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 応用数学、統計数学 / 
  • 自然科学一般 / 数学基礎 / 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
学習院大学 理学部 数学科 助教 
 
2018年4月
 - 
2018年8月
早稲田大学 基幹理工学部 応用数理学科 講師 
 
2017年4月
 - 
2018年3月
早稲田大学 基幹理工学部 応用数理学科 助手 
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会  特別研究員 
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
早稲田大学 大学院基幹理工学研究科 博士後期課程 数学応用数理専攻
 
2012年4月
 - 
2014年3月
早稲田大学 大学院基幹理工学研究科 修士課程 数学応用数理専攻
 
2008年4月
 - 
2012年3月
早稲田大学 基幹理工学部 数学科
 

委員歴

 
2021年10月
 - 
現在
日本応用数理学会  総務委員会委員
 
2017年4月
 - 
2020年3月
日本応用数理学会  学会誌編集委員会委員
 

受賞

 
2019年9月
日本応用数理学会, 論文賞(JJIAM部門),A genuinely stable Lagrange-Galerkin scheme for convection-diffusion problems
田端 正久 内海 晋弥 
 
2018年3月
日本数学会, 2017年度日本数学会応用数学研究奨励賞,高次要素を用いる圧力安定化有限要素法による高レイノルズ数流れ問題の数値計算
内海 晋弥 
 
2014年6月
日本応用数理学会, 日本応用数理学会 第10回 若手優秀講演賞,絶対安定な2次要素特性曲線有限要素法
内海 晋弥 
 

論文

 
 
S. Uchiumi   
Journal of Scientific Computing   80(2) 834-858   2019年8月   [査読有り]
 
M. Tabata   S. Uchiumi   
Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering   4(1) 1-13   2018年3月   [査読有り]
 
M. Tabata   S. Uchiumi   
Mathematics of Computation   87(309) 39-67   2018年1月   [査読有り]
 
S. Uchiumi   
早稲田大学      2017年2月   
 
M. Tabata   S. Uchiumi   
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   33(1) 121-143   2016年2月   [査読有り]

MISC

 
 
 
 
内海 晋弥   田端 正久   
数理解析研究所講究録   2005 181-189   2016年11月   
 
 
内海 晋弥   田端 正久   
計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   20 5p   2015年6月

教育業績(担当経験のある科目)

 
2019年4月
 - 
現在
微分積分Ⅲ(演習) (学習院大学)
2019年4月
 - 
現在
微分積分Ⅰ(演習) (学習院大学)
2018年9月
 - 
現在
複素関数入門(演習) (学習院大学)
2018年9月
 - 
2020年3月
微分積分Ⅱ (演習) (学習院大学)
2018年4月
 - 
2018年8月
数学B1(微分積分) (早稲田大学)

所属学協会

 
2015年3月
 - 
現在
日本計算工学会
2014年4月
 - 
現在
日本数学会
2013年7月
 - 
現在
日本応用数理学会