学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 文学部> フランス語圏文化学科 

文学部 フランス語圏文化学科

研究者リスト >> 志々見 剛
 

志々見 剛

 
アバター
研究者氏名志々見 剛
 
シシミ ツヨシ
所属学習院大学
部署文学部 フランス語圏文化学科
職名准教授
学位博士(ミシェル・ド・モンテーニュ・ボルドー第三大学)
科研費研究者番号40738069

論文

 
フランソワ・ボードワン(1520-73)――歴史と法学の結合――
志々見剛
『桜文論叢』   93    2017年   [査読有り]
「信じやすい」モンテーニュ…?――『エセー』における世界地誌的知識
志々見剛
『仏語仏文学研究』   49 49-74   2016年   [査読有り]
シャルル・ド・ブルグヴィルによるフリギアのダレス仏訳(1572)─ トロイ戦争の歴史的考察と,ジャン・ルメール・ド・ベルジュ『ガリアの栄光とトロイの驚異』批判 ─
志々見剛
『桜文論叢』   90 25-50   2015年   [査読有り]
自らについて語る歴史家とモンテーニュの『エセー』――歴史家カエサルについての考察をめぐって
志々見剛
『日本フランス語フランス文学会関東支部論集』   (23) 29-42   2014年12月   [査読有り]
プレイヤード派周辺における歴史家のあり方――ピエール・パスカル(1522-1565)をめぐる、歴史・文学・政治
志々見剛
『仏語仏文学研究』   (45) 3-27   2012年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
フランス文化事典
田村毅・塩川徹也・西本晃二・鈴木雅生編
丸善出版   2012年7月   

講演・口頭発表等

 
真実、信じられること、可能なこと――16世紀の歴史論とモンテーニュ [招待有り]
志々見剛
日仏哲学会   2016年9月10日   日仏哲学会
『エセー』第二巻第十九章「良心の自由について」について――ガリカニスムの英雄としてのユリアヌス
ラブレー・モンテーニュ研究フォーラム   2015年5月30日   ラブレー・モンテーニュ研究フォーラム
自らについて語る歴史家と『エセー』:16世紀のカエサル受容を起点に
志々見剛
日本フランス語フランス文学会2013年度関東支部大会   2014年3月8日   日本フランス語フランス文学会関東支部
歴史的範例とその模倣をめぐるモンテーニュの思索 : 小カトーとエパミノンダスについて
志々見剛
日本フランス語フランス文学会2010年度春季大会   2010年5月30日   日本フランス語フランス文学会