学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 理学部> 生命科学科 

理学部 生命科学科

研究者リスト >> 井上 武
 

井上 武

 
アバター
研究者氏名井上 武
 
イノウエ タケシ
所属学習院大学
部署理学部 生命科学科
職名助教
ORCID ID0000-0003-3289-4478

研究キーワード

 
定量行動学 , 神経行動学 , 脳機能 , 行動 , 再生 , 環境応答 , 環境適応 , 活動依存的 , 神経ペプチド , プラナリア , イモリ

研究分野

 
  • 生物科学 / 発生生物学 / 再生生物学
  • 基礎生物学 / 動物生理・行動 / 

経歴

 
2004年4月
 - 
2005年3月
独立行政法人理化学研究所発生再生科学総合研究センター 進化再生学研究室 基礎科学特別研究員
 
2005年4月
 - 
2008年9月
株式会社カン研究所 神経分化研究グループ 研究員
 
2008年10月
 - 
2012年3月
京都大学大学院理学研究科 分子発生学講座 助教
 
2012年4月
 - 
2015年3月
京都大学大学院理学研究科 再生生物学特別講座 特定助教
 
2015年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院理学研究科 分子発生学講座 研究員
 
2016年4月
 - 
現在
学習院大学理学部生命科学科 再生生物学 助教
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
広島大学 生物生産学部 生物生産学科
 
1999年4月
 - 
2001年3月
広島大学大学院 生物圏科学研究科 
 
2001年4月
 - 
2004年3月
岡山大学大学院 自然科学研究科 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
イベリアトゲイモリ研究コンソーシアム  委員
 
2015年8月
 - 
現在
次世代両生類研究会  次世代両生類研究会コアメンバー
 
2015年8月
   
 
次世代両生類研究会第1回会合オーガナイザー
 
2014年5月
   
 
Asian PlanNet  第1回アジアプラナリア会議運営委員
 
2011年11月
   
 
第1回国際プラナリア会議運営委員
 
2011年7月
   
 
日本進化学会  第13回進化学会大会運営委員
 
2010年5月
   
 
日本発生生物学会  第43回日本発生生物学会運営委員
 

論文

 
Matsunami M, Suzuki M, Haramoto Y, Fukui A, Inoue T, Yamaguchi K, Uchiyama I, Mori K, Tashiro K, Ito Y, Takeuchi T, Suzuki KT, Agata K, Shigenobu S, Hayashi T
DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes   26(3) 217-229   2019年4月   [査読有り]
Cao PL, Kumagai N, Inoue T, Agata K, Makino T
Genome biology and evolution   11(2) 552-564   2019年2月   [査読有り]
Akiyama, Y. Agata, K. Inoue, T.
Communications Biology   1 148   2018年12月   [査読有り]
Miyuki Suzuki, Toshinori Hayashi, Takeshi Inoue, Kiyokazu Agata, Miki Hirayama, Miyuzu Suzuki, Shuji Shigenobu, Takashi Takeuchi, Takashi Yamamoto, Ken-ichi T. Suzuki
Developmental Biology      2018年9月   [査読有り]
An Y, Kawaguchi A, Zhao C, Toyoda A, Sharifi-Zarchi A, Mousavi SA, Bagherzadeh R, Inoue T, Ogino H, Fujiyama A, Chitsaz H, Baharvand H, Agata K
Zoological letters      2018年8月   [査読有り]
Yuko Urata, Wataru Yamashita, Takeshi Inoue, Kiyokazu Agata
Biology Open   7(6) bio.033142   2018年6月   [査読有り]
Inoue Takeshi
Brain Evolution by Design: From Neural Origin to Cognitive Architecture   79   2017年   [査読有り]
Shimoyama, S., Inoue, T., Kashima, M. and Agata, K.
Zool Sci   33(3) 311-319   2016年6月   [査読有り]
Planarian feeding behavior involves three steps: moving toward food, extending the pharynx from their planarian's ventral side after arriving at the food, and ingesting the food through the pharynx. Although pharynx extension is a remarkable behav...
Hayashi, S., Kawaguchi, A., Uchiyama, I., Kawasumi-Kita, A., Kobayashi, T., Nishide, H., Tsutsumi, R., Tsuru, K., Inoue, T., Ogino, H., Agata, K., Tamura, K. and Yokoyama, H.
Dev Biol   406(2) 271-282   2015年10月   [査読有り]
Many amphibians can regenerate limbs, even in adulthood. If a limb is amputated, the stump generates a blastema that makes a complete, new limb in a process similar to developmental morphogenesis. The blastema is thought to inherit its limb-patter...
Inoue, T., Hoshino, H., Yamashita, T., Shimoyama, S. and Agata, K.
Zoological Lett   1(1) 7   2015年2月   [査読有り]
INTRODUCTION: Planarians belong to an evolutionarily early group of organisms that possess a central nervous system including a well-organized brain with a simple architecture but many types of neurons. Planarians display a number of behaviors, su...

書籍等出版物

 
井上 武 (担当:共著, 範囲:脳の再生と集中神経系の起源)
一色出版   2018年12月   ISBN:4909383050
Takeshi Inoue (担当:分担執筆, 範囲:Functional Specification of a Primitive Bilaterian Brain in Planarians)
Springer   2017年2月   ISBN:4431564675
井上 武 (担当:共訳, 範囲:第16章 後胚発生 - 変態・再生・加齢 -)
メディカルサイエンスインターナショナル   2015年3月   ISBN:4895928055
井上 武 (担当:共著, 範囲:複合組織としての脳の再生を再生動物から学ぶ)
株式会社診断と治療社   2015年1月   ISBN:4787821326
井上 武 (担当:共著, 範囲:脳 Ver.1からみえてくるもの)
京都大学学術出版会   2012年8月   ISBN:4876982430
井上 武 (担当:共著, 範囲:神経回路網が制御する神経細胞再生機構)
株式会社クバクロ出版   2012年2月   ISBN:4878051213

講演・口頭発表等

 
脳再生のしくみを再生動物に学ぶ
井上 武
第12回日本ツメガエル研究集会・第4回次世代両生類研究会の合同シンポジウム   2018年   
Co-adaptation between sensory structures and spontaneous self-motion for ensuring the effectiveness of multiple behaviors
T. Inoue, Y. Akiyama, K. Agata
2018 International Planarian Meeting   2018年   
Close relationship between the eye architecture and the spontaneous self-motion establishes robust photo-response orientation behavior in planarians
T. Inoue
The International Research Symposium on Germness and Pluripotency of the Planarians in comparison with the Fly and Mouse Systems   2018年   
Binocular field and spontaneous self-motion specify efficient phototactic behavior in planarians
井上 武
日本比較生理生化学会第39会大会   2017年   
プラナリアは自発的運動によって偽壁嗜好性行動を示す
井上 武
日本動物学会第88回大会   2017年   

所属学協会

 
日本比較生理生化学会 , 国際発生生物学会 , 日本動物学会 , 日本発生生物学会

社会貢献活動

 
アートなカタチの再生
【企画, 運営参加・支援】  札幌国際芸術祭2014  (札幌市チカホ)  2014年8月21日 - 2014年8月21日
プラナリアの再生研究
【講師, 企画, 実演】  京都大学  最先端科学の体験型学習講座  (京都大学)  2012年11月16日 - 2012年11月16日
リュウグウノツカイの解剖とDNA抽出
【実演】  京都水族館  リュウグウノツカイの解剖の公開実験  (京都水族館)  2012年5月15日 - 2012年5月15日
プラナリアの脳と行動
【講師, 企画, 実演】  京都大学  女子中高生のための関西科学学生塾  (京都大学)  2012年3月15日 - 2012年3月15日
プラナリアの再生研究
【講師, 企画, 実演】  京都大学  最先端科学の体験型学習講座  (京都大学)  2011年1月8日 - 2011年1月8日

その他

 
2018年9月   大学プレスセンター
「プラナリアが光から逃げるしくみを解明 -- 学習院大学」
https://www.u-presscenter.jp/2018/09/post-40116.html
2014年12月   読売新聞
「プラナリア寒好む 氷河期生き抜いた名残?」
2014年11月   JSTサイエンスポータル
「動物が温度を感じる基本解明、低温も好む」
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/11/20141120_01.html
2014年11月   財経新聞
「京大、生物が温度を感知する基本的な仕組みを解明」
京都大学プレスリリース
「温度を感じる神経系の基本的なしくみ解明される」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/141119_1.html