学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 

日本語 | English
 
トップページ > 文学部> 史学科 

文学部 史学科

研究者リスト >> 鐘江 宏之
 

鐘江 宏之

 
アバター
研究者氏名鐘江 宏之
 
カネガエ ヒロユキ
所属学習院大学
部署文学部 史学科 文学部 史学科
職名教授
学位文学博士(東京大学)

経歴

 
1995年
 - 
1996年
:東京大学大学院人文社会系研究科助手
 
1996年
 - 
1997年
:弘前大学人文学部講師
 
1997年
 - 
2003年
:弘前大学人文学部助教授
 
2003年
 - 
2007年
:学習院大学文学部助教授
 
2007年
   
 
-:学習院大学文学部准教授
 

Misc

 
七道制
鐘江 宏之
鈴木靖民・加藤友康・吉村武彦編『古代山国の交通と社会』八木書店   23-33   2013年
隋人がみた倭の風景
鐘江 宏之
氣賀澤保規編『遣隋使がみた風景』八木書店   282-303   2012年
秋田城・払田柵跡の出土文字資料
鐘江 宏之
木簡研究   (33) 266-278   2011年
新田(1)遺跡の出土文字資料等について ─ 木簡・漆紙文書 ─
鐘江 宏之
133-136   2011年
郡家と庄所
鐘江 宏之
佐藤信編『史跡で読む日本の歴史4 奈良の都と地方社会』吉川弘文館   156-183   2010年

書籍等出版物

 
東アジア海をめぐる交流の歴史的展開
東方書店   2010年   
律令国家と万葉びと
小学館   2008年   
地下から出土した文字
山川出版社   2007年   

講演・口頭発表等

 
大伴家持と奈良時代の貴族社会 ─ 奈良時代的な貴族社会とは? ─
金鵄会講座、長野県立長野高校金鵄会館   2013年   
伊予国の出土文字と古代社会
松山市考古館   2013年   
文献から見た古代の産金史
湯ノ奥金山博物館   2011年   
屋代遺跡群出土の7世紀木簡 ─ 歴史研究におけるその意義 ─
金鵄会講座、長野県立長野高校金鵄会館   2011年   
律令国家と産金
栃木県立なす風土記の丘資料館企画展記念講演会、なす風土記の丘資料館、栃木県教育委員会・栃木県立なす風土記の丘資料館   2010年   

所属学協会

 
史学会 , 歴史学研究会 , 日本史研究会 , 東北史学会 , 木簡学会

Works

 
東洋学の歩いた道
2013年8月
古代交通研究会第17回大会
2013年6月
百聞ハ一見ニ如カズ 旧制学習院歴史地理標本室移管資料
2013年3月
2010年の歴史学界 ─ 回顧と展望 ─
2011年5月
城柵における中下級官人の痕跡
2010年7月
知識は東アジアの海を渡った ─学習院大学コレクションの世界 ─
2010年1月
歴史学事典15 コミュニケーション
2008年6月
青森県史 資料編 古代2 出土文字資料
2008年3月
項目執筆 小野正敏・佐藤信・舘野和己・田辺征夫編『歴史考古学大辞典』(吉川弘文館)
2007年3月 - 2007年3月
賢問愚問 解説コーナー「古代の地方行政区画の変遷について」(『歴史と地理』595、29-32頁)
2006年6月 - 2006年6月
「トピック 墨書資料」(『新青森市史 資料編1 考古』、506-509頁)
2006年3月 - 2006年3月
共同執筆・編集 『新青森市史 資料編2 古代・中世』
2005年3月 - 2005年3月
共同執筆 『秋田市史 第1巻 先史・古代 通史編』、357-374、398-403、409-414、416-429、437-443頁
2004年3月 - 2004年3月
資料紹介「菅江真澄と津軽の古代」(『市史研究あおもり』6、2003年3月、62-69頁)
2003年3月 - 2003年3月
共同執筆・編集 青森県史叢書『青森県史 資料編古代1補遺』
2003年2月 - 2003年2月

競争的資金等の研究課題

 
5世紀から11世紀にかけての社会と諸史料の研究