学習院大学研究者情報
研究者情報
Researcher Information
 
言語の選択:
トップページ > 経済学部> 経営学科 

経済学部 経営学科

研究者リスト >> 青木 幸弘
 

青木 幸弘

 
アバター
研究者氏名青木 幸弘
 
 
URL
所属学習院大学
部署経済学部 経営学科
職名
J-Global ID201301092253541850

経歴

 
1995年
   
 
学習院大学 経済学部経営学科 教授 
 
1993年
   
 
一橋大学 商学部 助手 
 
1988年
   
 
関西学院大学 商学部 助教授 
 
1984年
   
 
関西学院大学 商学部 専任講師 
 

委員歴

 
2006年4月
 - 
2013年3月
日本消費者行動研究学会  学会誌編集委員長
 

論文

 
 
青木 幸弘   
学習院大学経済経営研究所年報   27 2013年12月   [査読有り]
 
青木 幸弘   
マーケティング・ジャーナル(日本マーケティング学会)   33(11) 2013年6月   [査読有り]
 
青木 幸弘   
商学研究(関西学院大学商学研究会)   60(4) 85-1182013年3月   [査読有り]
 
青木 幸弘   
マーケティング・ジャーナル   32(1) 143-1452012年6月   [査読有り]
 
青木 幸弘   
消費者行動研究   18(1.2) 85-942012年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
青木 幸弘(担当:共著, 範囲:18-35)
朝倉書店      2013年5月      
 
青木 幸弘(担当:共著, 範囲:2-136)
有斐閣      2012年5月      
 
青木 幸弘(担当:共著, 範囲:1-51、76-102、291-300)
ミネルヴァ書房      2011年4月      
 
青木 幸弘(範囲:203-229、314-321)
有斐閣      2010年9月      
 
青木 幸弘
日本経済新聞出版社      2010年9月      

講演・口頭発表等

 
 
製造業再生に向けてのブランド論・消費者行動論の貢献:脱コモディティ化と顧客価値のデザイン
青木 幸弘   
日本商業学会第61回全国大会基調報告   2011年5月   
 
消費者情報処理と知識・関与研究:その理論的系譜と研究の軌跡
青木 幸弘   
日本商業学会第60回全国大会統一論題報告   2010年5月   
 
ブランド研究における関係性問題の位置づけ:主要な論点整理と研究課題の検討
青木 幸弘   
日本商業学会第58回全国大会統一論題報告   2008年5月   
 
「消費者行動分析枠組の再構築:その射幅と射程の拡大を目指して」
青木 幸弘   
日本商業学会第56回全国大会統一論題「消費者行動と流通・マーケティング」基調報告   2006年6月   

所属学協会

 
 
   
 
日本学術会議
 
   
 
日本ダイレクト・マーケティング学会
 
   
 
日本マーケティング・サイエンス学会
 
   
 
日本消費者行動研究学会
 
   
 
日本商業学会